人間関係

人間関係がうまくいかない理由。人間関係は環境によって決まり、その環境は自分が作る

良い人間関係を作ることは良い人生と良い生活を送るためにとても大事なことです。

人生において人間関係というのはかなりの割合を占めています。

その人間関係で悩んでしまうと、人生そのものがとてもつらいものになってしまいます。

なんで人とうまく付き合えないんだろう。

どうして人と関わると良くないことが起こるのだろう。

そんな風に悩んでしまうこともあるでしょう。

人間関係で悩んでしまう人は、良い人間関係の作り方を知り、より良い人生を送れるように一緒に考えていきましょう。

人間関係は環境によって決まり、その環境は自分で作るもの

自分の人間関係というのは全て自分が作っています。

自分が仲良くする人を決めて、自分でコミュニティを作っているのです。

自分で作った居場所でも、

最初から出来ていたところに自分が入ったとしても、それは自分が入りたいと思ったから入ったのです。

全く興味のない場所に自分がいることはありません。

全く興味がなかったり本当に嫌だったらやめるでしょう。

少しでも興味があったり、自分に近いものがあったり、自分が居心地が良いと思ったからそこにいるのです。

居心地が悪ければもう二度とそこへは行きません。

仲良くすることはないと思います。

自分の居場所というのは、

楽しかったり、興味があったり、勉強になったり、自分に近いものがあったり、こうなりたいなって思っていたり、自分が求めているものがあるところに人は引き寄せられます。

全て自分が決めているということを心に留めておいてください。

人間関係がうまくいかないのは自分が作るっている環境が自分に合わない可能性がある

人間関係がうまくいかないのには自分に原因があります。

それは先ほども話したように人間関係は自分自身が作っているからです。

集まってくる人は、

今の自分に似た人が自然と集まってくるようになっています。

今の自分が筋トレを始めてジムに通うようになったとします。

そうすれば自然と出会う人はジムの人が多くなります。

そうやって今の自分に近い人たちと出会うようになっているのです。

ですからもしその出会う人たちと自分が合わないのだとしたら今の自分がしている行動が本来の自分とは違うことをしている可能性があります。

例えば、

自分がかなりのインドアでほとんど外に出ない人が、いきなりクラブに行ったとしてもそれではなかなか良い出会いはなく自分とは全く違う人たちばかりになってしまうので居心地が悪いでしょう。

そうやって人間関係は自分の求めているものと同じ人と出会うことで良い人間関係を作ることが出来るのです。

人間関係がうまくいかないのは、

自分の心に素直になって行動していないことが原因なのです。

自分の心に素直になって自分らしくいれる環境を作れば人間関係はうまくいく

人間関係を円滑にするためには、自分の求めている人たちと一緒にいることが大切です。

全く合わない人たちと一緒にいればそれは自分と価値観が合わないので、悩むことになってしまいます。

それではいつまで経っても人間関係はうまくいかないでしょう。

自分が人間関係を築くのがうまくないと思っている人がいたらそれは間違いです。

どんなに人間関係がうまくいかない人でも必ず同じような人はいるのです。

どんなに人間関係がうまい人でも、自分が苦手な人とはうまくいきません。

自分と同じような人がいれば、それは意気投合しやすいですし価値観が会うので自然と仲良くなることが出来ます。

それになかなか同じような人に出会えない人ほど、自分に近い人が現れるととても嬉しい気持ちになります。

自分の心に素直になって自分と同じような人と出会うことが出来れば人間関係がうまくいかない人でもうまくいくのです。

そうやって自分と合う人を探していくことが大切です。

自分に合う環境を作る為の方法

自分同じような人と出会う為の方法があります。

それは、類は友を呼ぶという事を意識すれば良いのです。

それはどういうことか説明します。

類は友を呼ぶ

人は自分に近い人や自分の居心地の良いところを求めます。

そういう意識でいると自然と同じことを考えている人たちが引き寄せられてくるのです。

それは当然です。

みんな自分の居心地の良いところにいる方がいいわけですから。

自然と似たような人が集まりコミュニティが出来ます。

アニメが好きな人は自然とアニメが好きな人が集まるし、

運動が好きな人はその人たちで自然と集まるはずです。

違う人が集まると、話が合わなかったり居心地が悪いと感じて自然と離れていきます。

そのことをよく、

「引き寄せの法則」と言ったり、

「類は友を呼ぶ」とも言います。

人は意識しなくても、居心地が良いところに集まり、似たようなところに集まるようになっています。

無理をして友達を作ったりしなくても自然と集まってきます。

無理をして仲の良い人を作ろうとして、自分と違う種類の人と一緒にいても居心地が悪く、また自然と離れていってしまいます。

なので、自分は自分の自然体な姿でいることが大切です。

そうすれば自然と自分に近い人が集まってくるでしょう。

自分から壁を作っていると、一人になりたいと思われてしまい、結局一人になってしまうので注意が必要です。

人間関係がうまくいく人の特徴

人間関係がうまくいく人の特徴は、

自分の心に素直に行動している人です。

自分がやりたい事をしてやりたいようにしているから自然とうまくいくのです。

先ほども話したように、

類は友を呼ぶものです。

自分が無理なく自然に人とコミュニケーションを取っていればそのように同じような人を引き寄せます。

そうやってお互いに無理をしない人間関係を作る事で、お互いにストレスなく関係を続けていくことが出来るのです。

人間関係を作っていくのがうまくいく人はそれだけ自分をアピールするのが上手です。

自分はこういう人です。

という風に周りに知ってもらうことでそれを知っていても仲良くなりたいという人が集まってきます。

そうすることでお互いに無理のない自然な形で人間関係を作っていくことが出来るのです。

やはりストレスが溜まるような関係は良い関係とは言えません。

自然体でいられてそれでも関わっていけることが良い人間関係と言えるのです。

無理をして人間関係を続けていてもそれは自分だけストレスが溜まってしまって我慢することになってしまいます。

しっかりと自分自身というものを理解して自分らしい人間関係を作っていきましょう。

友達がいない人は自分から壁を作っている

「なんで自分には友達が全然いないのだろう」

「なんで誰も仲良くしてくれないのだろうか」

そう思っている人がいると思います。

それも全て自分に原因があります。

それはどういうことかというと、

人は壁を感じたり、話しかけるなオーラ、これ以上近寄るなオーラがあるとそれ以上近寄ることはほとんどありません。

自分の周りには全然人がいないという人は、知らず知らずのうちに自分の中で壁を作っているのです。

自分のことをさらけ出していて、

「自分はこういう人間です」とわかりやすい人にはたくさんの人が集まっています。

人間は得体の知れないものというのは怖いと感じるからです。

知らなかったり、分からなかったり、心が読めなかったり、何を考えているのか分からない人には、自分から近づきたいとは思いません。

それは、自分に危険があるのかも知れないと思い、怖さや恐怖を感じてしまうからです。

知っている人やいつもオープンで明るい人には人が集まります。

それは安心感があるからです。

もし自分には友達がいないのだとしたら、自分が心を閉ざしてることが原因です。

みんな心を閉ざしている人に自分から心を開こうとは思いません。

みんな臆病なのです。

そういう人は、自分から心を開いて、自分から話しかけることをしなければいけません。

人は話しかけられて友達になりたいと思われて、悪い気をする人はなかなかいません。

自分から話しかけまず自分が心を開いてみてください。

その勇気を出すことが出来れば自然と人は集まってきます。

良い人との出会いがないのですがどうすれば良いか

仲の良い人がいない人はよく、

「自分には仲の良い友達どころか、出会い自体がないからどうしようもない」

という人がいます。

出会いがないとするならばそれは自分でどうにかするしかないのです。

誰も助けてくれません。

出会いがないのなら自分で作れば良いのです。

例えば、

街コンに行ってみたり、自分の好きなものの習い事をしてみたり、自分の好きなイベントに参加してみたり、いろんな方法があります。

どんな方法でも良いです。

自分が良いと思ったものを選んでみてください。

それはちょっと嫌だなぁ。と思う人はそもそも出会いを求めていないということです。

本当に求めているのなら自分から行動するはずです。

出会いがないと悩むのなら自分から行動するしかないのです。

その場所へ行っても、自分と近い人や仲良くなりたいと思う人に自分から話しかけてください。

そうしないと誰も自分に話しかけてくれないかも知れません。

自分が求めていることは、自分から行動しないと手に入らないのです。

どんな人も話しかけられて悪い気をする人はいません。

自分が似てる人と思うのなら、相手も同じことを思っているはずです。

どんな人間関係もまず出会わなければ何も始まりません。

勇気を持って行動することが大切です。

自分が変化すれば周りの人たちも環境も変化する

人間関係というのは誰に指示されたわけでもなく自分で作っているのです。

その人間関係で悩んでいるということは、自分に原因があるということです。

友達がいないということで悩んでいる人は、

自分から壁を作っていて、自然と周りも壁を作ってしまっていて、誰も自分に踏み込んでくる人がいないから、自分には友達がいないということです。

「仲が良かった人と仲が悪くなり疎遠になった」という人は、

「自分の友達と自分の考え方が変わり、自然と合わなくなったことが原因です」

人は時間が経てば変化します。

良い方向へ進むこともあれば悪い方向へ進むこともあります。

自分も相手もお互いに変化します。

お互いに変化すれば、自然と合うようになったり、合わないようになったりすることは当然あります。

「今まであんなに仲が良かったのに、今は全く話が合わない」

「今までは、全然興味がなかった人と急に仲良くなった」

ということもあるのです。

自分が変化していることが原因です。

大きく変化すればするほど、

その今までいた人たちとのズレも大きくなります。

そういう時は、

思い切って別の人と会ってみることも必要です。

今の一緒にいる人と、ずっと一緒にいなければいけないわけではありません。

価値観が合わなくなったのなら、

今の自分に合った価値観の人と一緒にいればいいのです。

価値観の合わない人と無理に一緒にいる必要はありません。

今のいる人に執着するから、いろんなことに悩むのです。

それを他の外に目を向けてみたら、いろんなものが見えてくると思います。

変化したということは、別のワールド、別のコミュニティに変化する時期なのかも知れません。

特に成長した場合は、

同じように成長を求めている人と出会いたくなったりします。

そう思ったのなら思い切って新しい出会いを探してみてください。

今の自分の居場所より、もっと心地よい居場所があるかも知れません。

あとがき

どんなことでも自分が悩んでいるということは、必ず自分に原因があるということです。

友達がいないのは、自分から行動出来ないか自分が壁を作っているからですし、

友達と合わなくなったというのは、自分が変化したからです。

そうやって何かが起きるということは、何か原因が必ずあるのです。

悩むということは、自分が自然に出来ないことだったり自分が苦手と思うことだったりします。

人は自分が得意なことや出来ることで悩むことはほとんどありません。

なぜなら、出来ることは意識しなくてもうまく自然に出来てしまうからです。

友達がいないという人は、自分から話しかけることが苦手だったり、自分から心を開くことが苦手だから悩むのです。

自然と人に話しかけられる人は、

友達が出来ないことでは悩むことはないです。

なぜなら自然と出来るからです。

悩むということは全て自分に原因があり、自分が変えていかなければいけないということです。

それを知り、しっかりと原因を明確にして、行動することが出来れば、

必ず解決の方向へ向かうことが出来るでしょう

人間関係で悩んでいる人はこちらの記事をご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人間関係

    悪い噂話が流れた後の出来事と状況の変化。噂話は時間が経てば自然となくなる

    どんなに自分なりには精一杯正しいことをやっていても、どんなに間違っ…

  2. 人間関係

    良い人間関係を築くために大切な4つの方法

    良い友達や良い上司、良い同僚がいることはそれだけで自分の人生を豊か…

  3. 人間関係

    人間関係で悩んでいるなら逃げるという手段も考えよう。逃げたら悪い方向へ向かうという考えは間違い

    自分の近い人、自分と深く関わりのある人の中で嫌いな人やどうしても折…

  4. 人間関係

    噂話をするのはやめよう。噂話は何も価値がない。

    噂話をよくする人がとても多いように感じます。「この前隣の家の奥…

  5. 人間関係

    敵を作るくらいなら味方を作ろう。自分で生きづらい生活にする必要はない。

    世の中にはたくさんの人がいて自分とは全く違う価値観の人もいるでしょう。…

  6. 人間関係

    他人のせいにしても意味はないし問題解決するわけじゃない

    生きていれば嫌なこともありますし、理不尽なことも起きることはあります。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP