スポンサーリンク

自分のイメージと現実というのは少なからず違う部分があり、ズレが生じていることがある。

「なんだかうまくいかないな」

「最近流れが悪いな」

そう感じているのならイメージと現実が大きくズレている可能性があります。

うまくいかない時こそそのズレを修正するべきなのです。

現実と自分のイメージには少なからずズレが生じている

自分が思っているような現実と本当の現実には必ずズレが生じています。

もし仮に自分のイメージしている現実、自分が感じている現実と本当の現実が全く同じ現実なのだとしたら、全てがうまくいくはずです。

間違ったり失敗したりすることはないでしょう。

わざわざ自分が失敗するような事をする人はいないからです。

なのでイメージと現実がズレているから失敗したり、自分の思い通りにいかないのです。

「思い通りにいかない」

「なんかうまくいかない」

そう思っている時点で、自分のイメージと現実がズレているのです。

厳密にいうと現実に起きている事を正しく自分が感じ取れていないのです。

思い通りにいかないという言葉自体が、

「現実が自分の思い通りにいかない」という言葉な訳ですから、それは現実と自分の思いが違うという事なのです。

そういう場合は、現実と自分の思いに大きなズレが生じているという事なので、早急に自分の思いやイメージを変えていく必要があるのです。

うまくいかないのなら自分の思いを変えていくしかない

思い通りにいかないというのは、自分の思いの通りにいっていないという事です。

そういう時にはどうしても自分の考えが正しくて現実が間違っていると思いがちです。

「なんで思い通りにいかないんだ」

「俺のせいじゃない」

そういう風に自分以外の人に当たり散らしてしまう人がいますがそうではありません。

間違っているのは自分の「思い」です。

もし仮に自分の思いが間違っていなかったとしても、それによってうまくいかないという現実が訪れている訳ですから、結局は自分が変わらなければいけないのです。

何故なら、

自分の思いは変えられても他人や環境などの現実を変えていくことは出来ないからです。

他人の考え方を変えようと思っても、そんなすぐに変えることは出来ませんし、環境や現実も変えられないことはありませんがすぐに変えることは出来ません。

徐々に自分の行動によって変えていくものです。

そしてそうやって現実を変えていくには、どうしても自分のイメージや思いを変えていかないと変わらないのです。

結局どうしたって自分の思いを変えていかなければならないということです。

現実と自分の思いのズレが大きいほどうまくいかない

人生がうまくいかない時や思い通りにいかない時というのは、それだけ自分の思いと現実のズレが生じているということです。

先ほども説明したように、もし現実と自分の思いにズレがなければ全て自分の思い通りになっているということになります。

自分がイメージしている事が現実に起こるのなら、イメージすれば全て現実になることになるので別に自分自身に不満があることはないでしょう。

しかしこの世にはたくさんの人がいて、みんな違う事を考えています。

人の心を全て読むことは出来ませんから思い通りにならないのは当たり前です。

しかし思い通りにうまく事が運ぶ時と全然うまくいかない時があります。

その違いがなんなのかというと、

自分の思いと現実のズレがない時、もしくはズレがかなり少ない時です。

なんとなくうまくいってしまう時というのは、自分が思っている現実と本当の現実のズレがないので、自分がイメージしたものが現実通りになるのです。

そういう時は何事もうまくいきますし、自分がイメージ出来るものというのはそれだけ現実に出来ることだからこそイメージ出来るので自然と最善策を考える事が出来ます。

なので自分の思いと現実のズレが少ない時というのは人生がうまくいくのです。

現実と自分の思いのズレをなくすにはどうすれば良いのか

では自分の思いと本当の現実のズレをなくすには具体的にどうすれば良いのかというと、

しっかりと自分のことを客観的に見れている事が重要になります。

どうしてもうまくいかない時というのは自分自身に対して過信してしまうのです。

「もっと自分はやれるはずだ」

「自分は何でも知っているからうまくいくはずだ」

そうやって自分自身の力を過信して見誤るのです。

そうなってしまうと何事もうまくいきません。

よくお父さんが子供の運動会で、足がもつれて転ぶというシーンがあります。

それは自分が思っている自分と、現実の自分にズレがあるから生じる事なのです。

若い頃のままのイメージで走ってしまうから、思うように足が動かなくて転んでしまうのです。

もしそのお父さんが、「もう若くないのだから全力で走るのはやめよう」と思っていたら転ぶことはありません。

そうやって自分の力をしっかりと見極めて、その上で自分に出来る最大限の力を出す事が出来れば自然とうまくいくのです。

他人の力を見極めることや自分の周りの環境を見極めることももちろん大切です。

しかし一番大切なのは、自分自身をしっかりと客観的に見ることなのです。

それさえ出来れば、今自分に出来る最善の事が出来るようになるので自然と良い方向へと進むことが出来るのです。

自分の思い込みを現実でも同じように起きていると錯覚しないこと

人間の思い込みというのは恐ろしいものです。

悪いことが続いたりするとまた悪いことが起きるのではないかと思い込んで、ちょっとした不運があるだけでもそれを神様の天罰だと思ってしまうことがあります。

それが仮に偶然に起きたことでも、自分が思い込んだらそれが自分の中での現実になってしまうのです。

幻覚や幻聴もそうです。

現実には存在しないものが見えているというのはまさに思い込みからくるものです。

自分の思い込みというのは自分の思いの中では確実に存在するかもしれませんが、現実に存在するかどうかは分かりません。

そうやって現実と自分の思いというのは常に同じな訳ではないのです。

思い込みが良い方向へいくのなら良いのですが、悪い思い込みはやめましょう。

自分が感じているものが全て現実に存在するとは思わないでください。

それもしっかりと自分を客観的に見て、現実を正しく見極めることが大切なのです。

あとがき

自分が思っている現実と本当の現実が全く同じな訳ではありません。

何かしらのズレは確実にあるでしょう。

どうしても人間は自分自身が可愛いですから、自分を過信したりかいかぶってしまうものです。

そうなってしまうと、確実に現実とのズレが生まれます。

そのズレによって現実がうまくいかなくなってしまうことがあるのです。

そうならないためにもしっかりと自分自身を客観的に見る力を養い、そして現実や現状がどんな状態なのかを見定めて、自分が何をするべきなのかを正しく判断することで自分の思い通りの現実に変えていくことが出来るのです。

その為にはまず、

「自分の思っている現実と本当の現実にはズレがある」ということを知ることが大切なのです。

是非、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事