スポンサーリンク

パワーストーン

パワーストーンは右手に着ければ良いのか。それとも左手が良いのか。

パワーストーンを着ける際に気になる点が、

「右手に着ければ良いのか、左手に着ければ良いのか」

という問題です。

結論から言いますと、

右手でも左手でもどちらでも良い

というのが結論です。

それでは答えになっていないので、詳しくご説明いたします。

右手に着けるのと左手に着けるのでは意味も目的も変わってくる

もちろん好みもありますが、右手に着けるのと左手に着けるのでは意味合いも目的も変わってきます。

ですので自分の目的に合った着け方をするのが良いでしょう。

右手に着ける時の意味

右手に着ける場合は、

自分が目的を果たしたいと思った時や何かをやりたいと思った時に、その願いを叶える為に着ける場合は右手に着けると良いでしょう。

一言で言えば、「攻めたい」時は右手に着けます。

そうすると自分の願いが叶いやすくなるでしょう。

左手に着ける時の意味

逆に左手に着ける場合は、

何か悪いことから守ってほしい時や失敗したくないと思うときは左手に着けると良いでしょう。

いわゆる「守りたい」時は左手に着けます。

左手に着けることによって、外からの悪いエネルギーから身を守ってくれるでしょう。

目的に合った着け方をしよう

パワーストーンを着ける意味合いとしては、やはり自分の願いを叶えるということが大きいでしょう。

ですので自分が求めている目的に沿ったパワーストーンの着け方をすると良いでしょう。

目的とは違う方に着けてしまったらいけないのかと言われるとそんな事はありません。

より効果を発揮したいと思う場合はその着け方をすると良いという事です。

攻めたい気持ちはあるけれど、左手に着けたいと思うこともあるかもしれません。

そういう場合は好きな方を着けても問題ありませんので、安心して着けてください。

パワーストーンの種類によっても変わってくる

パワーストーンによっても異なります。

例えば、

タイガーアイのような攻めのパワーストーンなら右手に着けると良いです。

逆にオニキスのような魔除けの石の場合は、左手に着けるとより効果を発揮します。

自分が着けたいパワーストーンが、

攻めのパワーストーンなのか守りのパワーストーンなのかによっても変わってきますので、パワーストーンの効果によって決めるのも良いでしょう。

感覚で選ぶのが良い

もしどちらに着けて良いのか迷ったのなら、自分の感覚で選ぶのも良いでしょう。

左手に着けてみて、

  • 落ち着く
  • なんか良い
  • しっくりくる
  • 気持ちが楽

というようなポジティブな感情が生まれてくるのなら、その手に着けると良いでしょう。

自分の感じる感覚というのはとても大切なので、自分の気にいる方に着けましょう。

迷ったら「左手」がお勧め

それでも右手と左手で迷っている方がいましたら、私個人的には左手に着けることをお勧めしています。

何故かというと、

まずはパワーストーンにしっかりと守りを固めてもらって、願いを叶えたいと思うのなら自分の力で叶えていけば良いと思うからです。

「パワーストーンが守り」

「自分自身が攻め」

という形にして、自分の願いを叶えていく方が良いと私は思います。

参考にしていただけると嬉しいです。

結論はどちらでも良い

色々話してきましたが、結論はどちらに着けても良いということです。

パワーストーンを選ぶ際に、自分が何を求めてパワーストーンを着けようとしているのかが分かるはずです。

その時に、攻めの石なのか守りの石なのか。

それが分かるはずです。

でパワーストーンを選ぶ際に、自分が守りを求めているのか攻めを求めているのかが分かるので、それによって着ける手を決めるのが良いでしょう。

しかし気が向いたら逆の手に着けても良いですし、気分によって変えても良いです。

あまりこだわらずに、自分が心地良いと思える手に着けると良いでしょう。

是非参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

人生を変えるパワーストーン「KIYSTONE」

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-パワーストーン

Copyright© 吉岡貴紀ーよしおかたかのりー公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.