目標達成

最高の夢とはなった結果ではなくなるまでの過程の事を言う

目的というと基本的に「結果」を手に入れるために行動をするでしょう。

有名の歌手になるために歌を歌うという行動をする。

スポーツ選手になるためにスポーツをする。

お金持ちになるために会社を起業する。

全ては結果を得るために行動する。

しかしそれが本当の夢だとしたら手に入れたものに対して本当の満足が得られるのでしょうか。

歌手になるためには歌を歌うしかない。

プロ野球選手になりたいのだとしたら野球をするしかない。

その行為が自分の夢にならないときっと本当の満足は得られないでしょう。

プロ野球選手になりたいのだとしたら、必ず野球をしなければならないのです。

それなのに野球自体が好きではないのだとしたら、ずっと苦しみが尽きることはありません。

プロ野球選手になるのは野球をやって上手くなった結果なのです。

野球が好きで続けていきたいからプロ野球選手になるのであって、プロ野球選手になることが目的で、その過程が嫌なのだとしたらずっと苦しみは続きます。

最高の夢を目指すのだとしたら過程すら楽しめるものでしょう。

だって、夢を叶える過程も野球はしなければプロ野球選手になることはできないのですから。

夢を追いかけている過程とその結果はほとんど同じことをやることになるのだから、過程も楽しんでいなければ本当の夢を叶えることは難しいでしょう。

結果はもちろん大事だし大きな夢を叶える方が絶対に良いです。

だけどそれよりも過程の時点で夢を叶えているようなものなのだから楽しんでやればいいし楽しいはずです。

過程も楽しめて結果出す事が出来たら最高です。

それが最高の夢と言えるのではないでしょうか。

あとがき

最高の夢というのはその夢が叶うまでも自分のやりたい事をやって手に入れる夢というのが最高の夢なのではないでしょうか。

どんなに手に入れた先が最高だと思ったとしても、そこまでの道のりや夢が叶った後もとても苦しいものだとしたらそれは最高の夢とは言えないでしょう。

苦しんだから最高の夢が叶うというものではありません。

むしろ最高の夢というのはそこに向かうまでの過程も楽しんでこそ最高の夢なのです。

夢を叶えるまでにはそれだけ苦労があるのでただ楽しいだけで叶えられるものではないかもしれません。

しかし夢を叶える前も後も同じ事をしている事でしょう。

プロ野球選手になった後もなる前も野球をやっているのには変わりありません。

ですから夢を叶える前にも自分が最高だと思う道を選ぶ事で最高の夢を手に入れることが出来るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 目標達成

    イメージが出来ていなくても夢や目標を叶えるための方法とそのコツ

    イメージ出来ない夢や目標を叶える為にはただ単純に運が来るのを待ってい…

  2. 目標達成

    人は失敗を繰り返しながら成長していく。失敗することは失敗ではなく諦めた時に初めて失敗になる

    人は失敗を繰り返しながら少しづつ成長していくものです。失敗は成…

  3. 目標達成

    過程を楽しむことでパフォーマンスが上がり成功へと近づいていく。【結果は一瞬、過程は一生】

    何かなりたいものや欲しいものがあると結果ばかりを追い求めてしまいがちに…

  4. 目標達成

    何をやっても続かないと思っている人は考え方が間違えている。目標設定で続けられるかは決まる。

    根気がなかったり、何をやっても続かない人というのは、それだけ成功体験を…

  5. 目標達成

    成功する人としない人の違いとは。行動した者だけが現実を変えられる。

    どんなに素晴らしいことを考えていたとしてもそれだけでは人生も現実は変…

  6. 目標達成

    出来るか出来ないかはやってみれば現実が証明してくれる。やる前から自分で決める必要はない。

    出来るか出来ないかなんてやる前から決めることはやめましょう。本…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP