人生を変える

自分の才能の見つけ方。才能は意外なところに隠されているもの

「自分には才能なんてない」

「私はそんなものは持っていない」

「ろくな人生を送っていないから才能なんてあるわけはない」

そんな風に感じてしまっている人もいるかもしれませんが、そう思うにはまだ早いです。

人それぞれ得意なものがあったり、まだ開かれていない才能があったり、もっと言えば才能があるにも関わらず自分の才能に気付いていないだけということもあるのです。

才能があるのならすぐに気付くだろうと思うかもしれませんが、案外自分の才能には気付きにくいものなのです。

才能があったとしてもそれに気付かずに終わっていく人はかなり多いと思います。

新しいことにチャレンジしたりしなければなかなか自分の才能に気付くチャンスというのはなかったりするものです。

才能に気付かずに終わってしまうのはとてももったいないことです。

なので今回は自分自身の才能の見つけ方について書いていきますので読んでいただけると嬉しく思います。

自分では自分の才能に気付きにくいもの

才能というものはとても華やかで素晴らしいものだから自分にそんなものがあったらすぐに気付くと思いがちですが、才能というのはそういうものではありません。

才能というのは気付くまではとてもひっそりとしていて、そして自分にとっては当たり前のように存在しているものなのでとても気付きにくいものなのです。

なぜ見つけにくいのかというと、

才能があることほど自分にとっては当たり前のことだったり、何も意識しなくても人よりも出来てしまうことなので誰でも同じだと思ってしまうのです。

自分が出来て当たり前だと思うことは他人も出来て当たり前だと思ってしまうのです。

例えば、

自分が毎日当たり前のようにやっているパソコン。

自分にとっては当たり前のようにパソコンをいじっていたとしても、それは自分の中では当たり前ですし別に普通にやっていることなので才能だと感じることはありません。

パソコンについてどっちの方が操作が上手いとか詳しいとか人と比べなければ、自分がパソコンが得意なのか不得意なのかを判断することは出来ないでしょう。

そうやって自分の中で完結するものだったり、他人と話す事でもないものというのは仮に才能があったとしても、その才能に気付きにくいものなのです。

自分にとっては当たり前のことな訳ですから他人と比べないと自分の才能には気付けないのです。

なので才能というのはひっそりと存在していて、案外気付きにくいものだということなのです。

他人と比べて優れているものを才能と呼ぶ

才能というのは自分ではなかなか気付きにくいものだということをお話ししました。

才能というのは他人と比べたときに初めてそれが才能だと気付くものなのです。

もし世界に自分一人しかいなければどんなにすごいことが出来たとしてもそれは才能ではありません。

自分の中では当たり前に出来ることなので才能ではなく普通のことになってしまうのです。

どんなに歌が上手くても人と比べることが全く出来なければそれがうまいのか下手なのかは判断することは出来ません。

自分一人では才能に気付くことは出来ないのです。

ですが才能にも気付きやすいものと気付きにくいものが存在ます。

例えば、

「足が誰よりも速い」という才能はとても気付きやすいものです。

なぜなら日本では小学生になればみんなが授業で競争するものだからです。

みんなで競争するものなので、その時に人よりも自分の方が足が速ければ自分の才能に気付く事ができます。

人と比べる機会があればあるほど才能に気付くチャンスがあるという事です。

しかし自分の才能が、

「掃除をする事がとても上手い」という才能だとしたら、なかなかその才能に気付くことは出来ないでしょう。

なかなか人比べることはありませんし、それに関しては具体的な数字で表せるものではありませんので比べること自体が難しくなります。

そういったものが才能の場合はなかなか気付ける機会がないのです。

しかしだからと言って気付けない訳ではありません。

それだけ上手であれば人から言われる事があるでしょう。

友達を家に呼んだ時に、

「お前の家ってめっちゃ綺麗だね」

「どうやったらこんなに綺麗に片付けられるの?」

そのように不意に出た言葉や出来事で才能に気付く事があります。

自分では当たり前に掃除していたものでも、他人から見たらとてもすごいものだと感じる事があるのです。

そうやって人に指摘された時に初めて才能に気付く事が出来るのです。

才能は誰でも持っている

「そんな風に言われて色々考えてみたけど自分には才能なんてない」

「人よりも優れているものなんて持っていない」

そう感じてた人は結構いるのではないでしょうか。

確かに普通に過ごしていればなかなか自分の才能に気付くことは出来ませんので、そう思ってしまうことは仕方がないことかもしれません。

特にどんなに才能があったとしてもその才能によって自分が有名になったりそれでお金を稼げたりしないと、実際に才能があるとは言われないので結局自分の中ではどんなに才能があっても意味がなくなってしまいます。

自分にとって欲しいものが手に入ったり、自分にとって目に見えた利益がなければ才能とは感じないでしょう。

利益がなかったとしてもどんな人でも才能はあるのです。

でもそれじゃあそれでお金を稼げるようになるわけでもないし、有名になることもないので、あれば才能があっても意味はないじゃないかと思ってしまいますがそんなことはありません。

どんなものでも才能があれば人生は変える事が出来るのです。

そして一つでも才能があれば自分の利益にする事が出来るのです。

まず一つでも自分に才能があるというだけでも自分の自信にも繋がりますし、どんな才能だったとしても有名になることはあります。

楊枝で作った作品がとても素晴らしいと言われて有名になる人もいますし、けん玉の世界チャンピオンになって有名になることもあります。

どんな才能だったとしても才能があるだけですごいことなのです。

そうでなくても自分の才能を生かした職業に就くことが出来れば、人の役に立つことだって出来ます。

どんなものでも価値がないなんて思ってはいけません。

自分の考え方と使い方によってとても価値のあるものに変わっていくのです。

ですから最初から諦めるのではなくてまずは自分の才能を見つけていきましょう。

才能の見つける方法

才能を見つけるためにはもちろん普通に考えて見つかることもありますが、考えてもなかなか見つからない時はどうすれば良いのかについてご説明していきます。

才能というのはそれだけ特徴があるので、見つけるためのコツと方法というものがあります。

才能を見つけるためにはちょっとしたコツがあるのでそちらを書いていきます。

毎日やっていることの中に才能は隠されている

才能というのはある特徴があります。

そして才能というのは自分が思っているものとは全然違ったものなのです。

才能がある人というのは「自分がすごい才能がある」とは思っていないことがほとんどです。

もちろん分かりやすくてすでに人と比べて気付いているものであればすごいという自覚がありますが、基本的には自覚がないくらいに気付きにくいものです。

なぜなら、才能とっても「自分にとっては当たり前」に出来てしまうものだからです。

しかも才能は産まれた時からそれだけの才能を持っていたかというとそうではない事がほとんどです。

もちろんその素質はあったかもしれませんが、素質があっただけであって初めからいろんなことが出来たわけではないのです。

どんなに足が速い人でも産まれた瞬間から速いわけではありません。

みんな歩けない状態から始まっているのです。

そこから成長につれて足が速くなっていき、最終的にはとても速い人へと変わっていったはずです。

それだけ走ってきたから速くなったのです。

才能というのはそれだけ続けてきたから才能になっただけであって、もしそのものを練習しなかったら才能にはならなかったでしょう。

素質があるだけで終わっていたかも知れないのです。

ということは才能を見つけるヒントは、「毎日続けていけること」が才能になる可能性があり、毎日続けているからこそ才能が開花するものなのです。

どんなに才能があったとしてもそのもの自体をやめてしまったらそこで終わりですし、毎日やってきたからそれだけうまくなったり素質が才能へと変わっていくことが出来たのです。

才能とは継続出来ることだったり、継続してきたことの中に才能が隠されているのです

自分が苦痛だと感じないものの中に才能が隠れている

才能というのは自分にとってはどうでも良いものであることがあります。

なぜなら自分の中では当たり前なものであることが多いのですから、当たり前に出来ることって自分にとってはあまり興味がないものだったりします。

自分がパソコンスキルに関してとても詳しかったとしても、それは自分にとってそんなに価値のあるものかどうはと言われるとそんなことはないでしょう。

他人からどんなに、

「いいなぁ〜そんなにパソコンが出来て」

と言われても、「いや、毎日やっていれば誰でも出来るよ」と答えたくなるでしょう。

それくらい自分にとってはそんなに価値のあるものでもありませんし、才能というよりかはただただ毎日やっていただけなので才能と自覚するようなものではないのです。

しかし他人から見ればすごいことですし、それだけ毎日やってきたからそれだけの才能になるのです。

才能というのは毎日の積み重ねによって完成されていくものなのです。

毎日やっていることはすでに才能になっているかもしれないのです。

そもそも継続出来るだけで才能

才能というのはどんなに天才だったとしてもやらなければ素質がある人で終わってしまいます。

イチローのような本当に野球の天才と言われる人でも、毎日野球の練習をしなければ天才になれたかというと難しいことでしょう。

それだけ毎日の積み重ねによって才能というのは作り上げられていくものなのです。

自分では毎日続けただけと思うかも知れませんが出来ない人からすれば、それを毎日続けること自体がとてもすごいことなのです。

普通の人がやろうと思っても苦痛で仕方ないものだったりします。

しかし才能がある人というのはそれが全く苦痛でなかったりします。

みんなが苦痛だと思うことが苦痛ではないということ自体がすでに才能なのです。

「自分の中では当たり前のこと」

「別に苦痛だと思ったことはない」

「毎日やるのは当然」

そんな風に思っていることの中に才能というのは隠されているものなのです。

自分の嫌いな部分(コンプレックス)の中に才能が隠されている

才能というと「誰よりも優れているもの」というようなイメージがあります。

それだけ才能というのは輝かしいものだと思いがちですがそんなことはありません。

先ほども言いましたが、才能とは自分の中ではすごいものだという感覚があるものではありませんし、当たり前にありすぎて気付かないくらいのものなのです。

しかもその才能があると言われるものが好きかと言われるとそんなこともないでしょう。

何故なら当たり前のものに対して好きかと言われて、大好きとはならないでしょう。

「別になんとも思ったことはない」というのが正直な意見だと思います。

むしろ最初は好きだったけど今は義務的にやっているという印象になってしまって、今でいうと嫌いなものになっているかも知れません。

そして才能というのは自分の中では当たり前であり、そして特別輝いているものというものではありません。

むしろ嫌いなものであったりコンプレックスの中にも隠れている可能性があるのです。

自分自身が嫌いな部分というのは、それだけ自分が興味のあるものでもあり克服したいと思える部分だったりするのです。

もちろん自分の中で嫌いな部分があるのなら克服したいと思うのは自然なことでしょう。

しかしその嫌いな部分というもの自体がすでに才能であることもあるのです。

それはどういうことかというと、

自分の嫌いなところというのはそれ自体が特徴でもあります。

例えば、

自分の嫌いなところが、「人に顔色を伺ってしまって自分の意見をはっきり言えない」という自分の面が自分の嫌いな部分であるとします。

その嫌いな部分というのは悪い言い方をすれば優柔不断であったり内気、人見知り、コミュ障という言葉になってしまうでしょう。

しかし裏を返してしまえばそれはすごい才能でもあるのです。

「人の顔色を伺ってしまって自分の意見が言えない」ということは、相手のことを考えて行動しているということでもあるのです。

それだけ相手の気持ちを読み取ることが出来るという言い方に変えることも出来るのです。

相手の気持ちを読み取るという言葉に変えた途端にそれはすでに才能に変わっていくでしょう。

なので自分に嫌いな部分の中に才能は隠されている可能性があるのです。

嫌いだと思っているのは自分自身だけで他人から見たらとてもすごい才能であるかもしれないのです。

ですから嫌いな部分を嫌いになる必要はありません。

考え方を変えればそれは大きな才能かもしれないのです。

嫌いだからといって蓋をすることは自分の可能性を潰してしまうことになります。

見方を変えて自分の新たな可能性を見出しましょう。

才能がないと思う人はいてもコンプレックスがない人はいない

自分には才能がないと思っている人はかなりたくさんいるでしょう。

自分にそんな才能があるのだとしたらとっくに大成功してるよと思うでしょう。

それだけみんな自分の才能に気付かないでいるのです。

しかしそうやって自分の才能に気付かない人はいても、自分自身に全くコンプレックスがないという人は少ないのではないでしょうか。

なのでみんな才能を持っているという事なのです。

先ほどそのコンプレックスの中に才能が隠されているというお話をしたので理解出来ていると思います。

自分のコンプレックスが薄毛に悩んでいるのなら、それだけ髪の毛に関して詳しいかも知れません。

薄毛に悩んでいる人の相談を受ける事が出来るかも知れません。

それによって自分の仕事に繋がるかもしれないのです。

コンプレックスがいつどうやって才能に変わるか分からないのです。

そしてコンプレックスを持っている時点であなたには才能があるのです。

自分には才能がないと諦めずに探していきましょう。

誰でも輝いていくことは出来るのです。

才能に気付けばその才能はさらに開花する

自分の才能に気付くことが出来ればその才能は更に才能は開花し始めます。

今まで当たり前だと思っていたものが才能だと気付くことにより、自分の中で大きな自信に繋がります。

そして今まで以上に頑張っていこうという気持ちになるのでまた成長することが出来るのです。

今までは全然気にしていなかったけれど、才能に気付くことでこれからどうやってその才能を生かしていけば良いのかと考えるようになって、試行錯誤をするようになり、その積み重ねにより本当の才能へと変わっていくのです。

才能というのは自覚をすることで進化が加速するのです。

なのでせっかく自分にも才能があるわけですから、その自分の才能に気付く事が大切なのです。

才能を上手に活かす方法

才能というのはそのままでは宝の持ち腐れで終わってしまう事だってあります。

才能があっても自覚がなくそして人に知られる事もなければ、そのまま何もなく才能が開花せずに終わってしまう事もあるのです。

せっかく才能があるのですから眠ったままではもったいないです。

自分の才能に気付くことが出来たのであればその才能を生かしていくことが大切なのです。

では具体的にどうすれば才能を生かしていくことが出来るのかというと、それはその才能を使って人の役に立つことをしていけば良いのです。

才能は自覚もしなければ才能がない状態で終わってしまいます。

自分が気付いたとしても人の役に立たなければ自己満足で終わってしまいます。

ですから才能に気付くことが出来たのであれば人の役に立つようなことに使っていきましょう。

しかしだからと言って全ての才能が人の役に立つかどうかなんて分からないと思うかもしれません。

しかし才能というのは必ず人の役に立てることが出来るのです。

具体的にどうしていけば良いのかというと、才能は人が見たり感じたりしてすごいと思うもの、人よりも秀でているものであればそれだけ人の前で披露することで人を楽しませることが出来るのでそのまま披露していけば良いのです。

絵が上手ければどんどん世の中に発信していけば良いですし、喋るのが得意であればどんどん発信していけば良いのです。

しかしそういうものだけではなく、自分の嫌いなものであったりコンプレックスであるものに関しては人に見せてもすごいとは思われないでしょう。

そういったものに関しては、

同じ悩みを抱えている人の役に立てるようになれば良いのです。

自分が苦手だとしたら同じような苦手な部分を持っている人と情報を共有することでそれだけでも人を救うことが出来るのです。

苦手だったり嫌いな部分というのはそれだけたくさんの時間をかけて考えたり悩んだりしているはずです。

悩んだ結果その中にも才能があるということに気付けたのなら、同じような悩みを抱えている人の悩みを解決させてあげられればそれは一つの才能になっていくのです。

自分の苦手な部分をそのまま発信していくだけでも共感する人がいるでしょうし、同じような人はたくさんいるんだと思うだけでもとても救われた気持ちになるのです。

才能を活かすも殺すも自分次第なのです。

自分には才能があると気付けたのならその才能を活かして生きていった方が絶対に有意義な人生を送ることが出来るでしょう。

才能は人に伝えて知ってもらうことで開花します。

才能を活かしたいと思うのなら自分の才能がどんな才能だったとしても、人に伝えて発信していくことで、素質だった自分の能力が本当の才能へと変わっていくのです。

あとがき

自分には才能なんてないと思っている人はとても多いでしょう。

ほとんどの人が自分には才能がないと思っているのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。

才能があってもなかなか自分では気付きにくいものであり、才能自体が他人と比較しないと分からないものなのです。

他人と比較しないものであるとなかなか気付かずに人生が終わってしまうことはよくあるのです。

ですから自分には才能がないと思い込んでしまうのです。

しかしどんな人でも才能はあるのです。

それは分かりやすいものかもしれませんし、分かりにくものかもしれません。

分かりやすくても自分にとっての大きなコンプレックス、自分の嫌いな部分かも知れないのです。

才能というのはどこに隠されているのかは分かりません。

自分には才能がないと諦めるのではなくて自分の才能に気付き、そしてその才能を活かして人の役に立てるような生活を送ることで充実した人生になっていくのではないでしょうか。

才能は自分で見つけて、そして自分で活かしていくのです。

それが出来る人が才能を大きく開花させて、その才能を活かして人の役に立てることで、結果的に自分の為になるような才能へと飛躍していくのです。

是非自分の才能を見つけて磨き、輝かせていってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生を変える

    やりたいことをやりたいようにやった方が良い。自分の人生の責任を取るのは自分自身なのだから。

    せっかくこの世に人間として生まれて、今の自分として存在しているわけです…

  2. 人生を変える

    【楽しいことがない人へ】これをやれば楽しいなんてものはそもそも存在しない

    「全然楽しいことがない」「何をやっても楽しめない」「…

  3. 人生を変える

    人生を変える為には継続していく事で変えた生活が日常へと変わっていく【ステップ9】

    ここまでくればかなり人生が変わり始めているのではないでしょうか。…

  4. 人生を変える

    目標がないと人はネガティブになっていく。行動することで人はポジティブに変わる。

    人は目標がなければ変わっていくことは出来ません。今の自分に満足…

  5. 人生を変える

    やらない後悔よりもやる後悔の方が遥かに良い理由。

    人間は色んなものに恐怖を感じている生き物です。特に新しいことを…

  6. 人生を変える

    人生は試練の連続。試練が来るのは自分が成長するとき

    人生は試練の連続です。良い時もあれば悪い時もありそして全然う…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP