悟りに達するための道は人それぞれ違うし一つではない

悟りの為にどんな道を通ったとしても、

それが悟りに達する為に通る道なら、

それは悟りへと近づくでしょう。

もちろん悟りを求めなければ悟りへ達することが出来ない訳でもない。

突然やってくる人もいるでしょう。

大事なのは手段ではない。

手段は人によって異なるものでもあり、

タイミングや時代の要因によっても変わってくる。

手段を求めている間は悟りや目的を達成することは出来ない。

悟りを求めたいと思うのなら、

悟りを求め続けることが大切なのです。

そして悟りを求め続けた後、

悟りすら手放して悟りに対しての執着がなくなった時に、

悟りはやってくる。

悟りを求めなければ悟りは得られない。

だけど悟りを求め続けている間は、

悟りに執着している間は悟りが手に入ることはない。

言葉にすると矛盾しているけれど、

それが悟りというものだった

スポンサーリンク