教え(教訓)

正解なんて分からないし存在しない。分かるのは自分の気持ちだけで正解を決めるのは自分の心。

何が正解で何が間違いなのかなんて誰にもわかりません。

人生は選択の連続です。

毎日毎日、何度も何度も選択を繰り返して今の自分がいます。

今日はそんな答えのない答えについて書きます。

人生は選択の連続。毎日多数の選択肢から一つを選び続けている

人生は毎日が選択の連続です。

「今日は一日何をしようかな」

「どっちの道へ進むのがいいのかな」

全てを自分で選択しています。

なんの部活を入るかも選択ですしどんな仕事に就くのかも全て自分が選択しています。

人生はまさに選択の連続です。

どれが正解かなんて誰にもわからない

人生は常に選択の連続にも関わらず、他の選択をした人生を見ることは出来ません。

選択した方向のみ自分が進んで体感することが出来るのです。

選択した後に、

「他の人生の方が良かった」

「なんでこっちを選んでしまったのだろうか」

と思って後悔しても他の道を知ることは出来ないし選び直すことも出来ません。

選んだ結果、苦しんでしまったり辛い思いをしているから、

「別の道を選べば良かった」

と後悔したりしますが、実際別の道の方がもっと辛いかもしれません。

そんなことは誰にもわからないし、知ることも出来ないのです。

正解なんて誰にもわからないのです。

後悔なんてしてもしょうがない

自分が選択した道を選んだ後にどんなに後悔しても、今から変えることは出来ません。

選んでしまったのだから後悔してもしょうがないのです。

それに、どんなに後悔していたとしても、今選んだ道が他の道よりも全然良い結果かもしれません。

他の道の方がもっと辛い道と知ったとしたら、今の道で後悔することはないでしょう。

それに、今はとても辛いとしてもそのおかげで将来は良い人生が待っているかもしれません。

この辛い人生を乗り越えることが出来たから未来は幸せな人生が待っているということもあるのです。

過去に辛い経験はたくさんしたはずです。

ですが、それがあるから今の自分があると思えばその辛い経験も結果的に必要だったということになります。

ですから未来はどうなるかわからないし、悔やんでいてもしょうがないのです。

大切なのは自分の気持ち

未来のことなんてどんなに想像したところでわからないし、正解なんてわかりません。

どこからどんな風に人生が変わるかわからないのだから、どんなに辛い経験もそれはそれで正解かもしれないのです。

そんな風に考えていたら、そもそも正解なんてないし分かるはずもありません。

そんな正解を探していくよりももっと大切なのは、

自分の心と気持ちです。

何を選んだって正解なんてわかりません。

ですが、その選択をした時の自分の気持ちなら自分でわかります。

「この道を進むことが出来ればとても嬉しい」

「この道を選ぶととても悲しい気持ちになる」

そんないろんな気持ちが湧いてくるでしょう。

正解か不正解かではなくて、

自分の気持ちに素直になって考えてみてください。

その気持ちが何より一番大切なのです。

後悔するもしないも自分の気持ち次第なのです。

嬉しいも悲しいも全て自分の気持ち次第なのです。

自分の人生は自分の気持ち次第でどうにでもなってしまいます。

ということは、

「自分の気持ちが人生を決める」ということです。

自分の気持ちを疎かにして、正しい道や正解を求めていても、本当の答えは見つかりません。

最後に

自分の気持ちは二の次にして正解を探そうとしてしまいますが、本当の答えというのは自分の中にあるものなのです。

自分の心に嘘をつくことは出来ませんし、ついたとしてもどうしてもモヤモヤしてしまいます。

そんな道を選ぶよりも、自分の心に耳をすませて、自分に素直になって、自分らしい人生を送っていくことが何より大切なことです。

どうしても人間は間違えたくないという気持ちが強いので正解を求めてしまいます。

そしてその正解が分からないと何も出来ずに立ち止まってしまいます。

しかし、絶対的な正解というのは存在しません。

自分からしたら正解だったとしても他人からしてみたら間違いであることはあります。

自分にとって正解だったとしても未来のことを考えたら失敗だったなんてこともあります。

どの視点から見るかで正解は変わってしまいます。

そうなると完全なる正解、正しさは存在しないことになります。

正解よりも大切なことは、「自分がどう感じてどう生きるのか」ということです。

自分の気持ちを疎かにしてしまったら自分の人生を疎かにすることになります。

自分の人生の中で最も大切なものは自分の心です。

その自分の心がどう感じるかを大切に生きることの方が、正解を求めることよりも大切なことだと私は思います。

「自分がどう感じるのか」に耳を傾けてみてください。

また違った視点で物事が見えてくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 教え(教訓)

    正義だから何をやってもいいわけじゃない。正義を武器にして攻撃していては悪人と変わらない

    正義だからといって何をやってもいいわけではありません。自分が正…

  2. 教え(教訓)

    人生は修行の場。どうして人は修行をするのか

    自分はなぜ生まれてきたのか。なんのために生まれてきたのか。…

  3. 教え(教訓)

    いくら努力をしても行動しても人生の結果はどうなるか誰にもわからない。それでもやるしかないのが人生。

    どんなに努力をしても行動してもその結果までは自分で決めることは出来ない…

  4. 教え(教訓)

    流されてるだけでは行きたい場所に辿り着けない。自分の船の舵は自分でとる

    「みんながやっているから自分もやろう」「みんながそうするなら私…

  5. 教え(教訓)

    物事には絶対的に正しい答えはない。視点や立場、環境が違えば正しさも変わる。

    物事には絶対的に正しい答えというものは存在しません。見る側面を…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP