成功する人としない人の違いとは。行動した者だけが現実を変えられる。

どんなに素晴らしいことを考えていたとしてもそれだけでは人生も現実は変わりません。

口で言うだけだったら誰でも出来ます。

だが実際に行動することはとても難しい問題です。

「こうやれば絶対にうまくいく」

「こうすれば絶対に成功する」

そう思っていて、人生を変えたいと思っているのだったらやるしかないのです。

しかし、そうやってイメージして計画を立てることは出来ても実際に行動して現実を変えていく人はほんの一握りの人間しかいません。

それくらい考えたり口で言うのは簡単だけど行動することは難しいという事です。

絶対成功すると思うのならやれば良いのです。

だけどほとんどがやらない。

それはどうしてだと思いますか?

それは心のどこかで無理かもしれないと思っているからです。

もし本当に絶対成功するなら誰でもやるでしょう。

だが実際に行動に移すのは本当に勇気がいることなのです。

だってこの世に絶対はない。

それに頭で考えるだけならすぐに終わります。

あっという間に成功するイメージは出来るでしょう。

しかし現実はどうでしょう。

やっていれば必ず成功すると言ってもそうやってやり続けていくことは本当に大変な事です。

いざやってみると毎日何かに打ち込むというのはとても大変な事です。

その上に、この世界に絶対はないですからどんなに頑張ってもイメージ通りになるかどうかは分かりません。

そうなると出来るかどうか分からないことに自分の人生の時間と労力を注ぐのと言うのは勇気も根性も度胸もいるでしょう。

ただ言うだけなら度胸も根性も勇気もいりません。

だから行動することは本当に大変な事なのです。

だけどそうやって実際に自分の人生を捧げて行動していく人が現実を変えて、人生を変えていくのです。

そうやって実際に行動に移した人しか人生は変えられません。

いくら最高のイメージと考えを持っていたとしてもそれだけでは人生は変わらないのです。

どんなに才能があっても成功しないのはそういう事なのです。

才能があるやつはイメージするのが上手です。

だけど実際に成功する為には行動したやつが成功します。

そこには大きな差があるのです。

才能があっても人生を変えていけないやつ。

バカだけど人生を変えていけるやつ。

その差は行動力でしかありません。

才能がある奴ほど色々考えてしまうから結局行動しないで終わることが多いのです。

バカな奴はバカだから、なんだかんだやりたいからと言う理由で行動してその結果うまく言ってしまうことが多いのです。

それが成功するやつとしない奴の差です。

だから成功したいと思うのならバカでも天才でもどっちでも良いのです。

とにかく行動する事、実行することが大切なのです。

そうやって行動出来る奴が成功する権利を与えられるのです。

スポンサーリンク