ただの自問自答

常に成長し続けることの大切さと難しさとは。

私は成長することに重きを置いて生きていました。

そして今でも常に成長することを心掛けています。

過去の自分よりかは成長したなと感じることはありますが、だからこそまだまだだなと思うことはたくさんあります。

どんなに感情的になってはいけないと思い、常に意識していたとしても感情的になることはあります。

感情的になることが間違っているかと言われるとそんなことはないのですが、何も自分にとって良い結果、

そして相手にとっても良い結果を招かないような行動や発言をしてしまったのならそれは間違っています。

ただ自分の感情に任せただけの行動や発言は悪い結果しか生みません。

そうだと分かっていてもやってしまうことはあります。

そう思うと本当に自分は未熟な存在であり、ずっとこの未熟さを抱えながらいきていくのだなとつくづく感じてしまいます。

しかしそのこと自体にネガティブな感情が生まれているかというとそんなこともなく、未熟だからこそ常に意識し続けることが出来ます。

そして意識し続けるからこそさらに成長出来ると感じています。

自分は間違っていないと思い始めたらそこで成長は止まります。

そう思った瞬間に成長は止まります。

私はまだまだ成長していきたいと思いますし、それがとても苦しくて難しい道だったとしても死ぬまで精進していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ただの自問自答

    深く考え過ぎなくなった自分は成長なのか、それとも退化なのか【ただの自問自答】

    私は最近はあまり深く思考することをあまりしなくなりました。それ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP