幸せの見つけ方とコツ。幸せはいつも自分の側にある

全く今が幸せを感じていない人からすると幸せを見つけるということはとても大変なことでしょう。

この世に幸せなんかないよ。と思ってしまうくらい幸せを見つけられていない人もいるでしょう。

しかしそんなに卑屈になることはありません。

幸せというのは必ず存在しますし見つけることは出来るのです。

今回は幸せの見つけ方について書いていきたいと思います。

幸せは自分の中にあるもの

幸せはどこにあるのだろうかと悩んでしまうことがあるでしょう。

幸せを探そうと思ったらほとんどの人が自分の外側に目を向けます。

どうしてそうなってしまうのかというと、

今まで生きていて幸せを見つけることが出来なかったわけですから、今の自分には幸せがないと考えてしまうのは仕方のないことです。

しかし幸せはどんなに外に目を向けたとしても外にはありません。

自分の中にあるのです。

そんなこと言っても今まで見つけていないのだからあるはずがないと思ってしまうものです。

確かに外部による影響を受けて、幸せを感じることがありますが、本当に幸せを感じているのは自分の心です。

「宝くじが当たった」

「愛する人が出来た」

というように外部の影響によって幸せを感じることはあります。

しかし本当に幸せを感じているのは自分の心です。

自分の心が幸せを感じているのです。

だからこそ自分の心の中に幸せは存在しているのです。

自分の中にあるものだとしても見つけるにはとても大変です。

ちょっと考えたらすぐに見つかるというものではありません。

自分の心を知り、いろいろな気付きを得た先に自分自身が腑に落ちたときに見つかるものです。

幸せの中に生きる意味があり、生きる意味の中に幸せがある

生きる意味というのは苦痛の中にあるわけではありません。

苦痛を乗り越えてその先に幸せがあってその幸せを手に入れた時に初めて、自分の生きる意味はこれだったんだと気付くことはあると思います。

生きる意味というのは、

「幸せを感じたその先にある」ということです。

生きる意味を求めることも幸せを求めるということも同じことです。

幸せ=生きる意味

人は幸せになるために生まれてきたということです。

生きる意味を見つけるためには幸せを見つける事が必要という事です。

逆に幸せを見つけることが出来れば生きる意味も見つけることが出来るでしょう。

幸せとはなんだろうか

「幸せになるためには、どんな人生を歩めばいいのだろうか」

「お金がたくさんあれば、しあわせなのだろうか」

「たくさんの家族がいれば幸せなのだろうか」

「健康な体であれば幸せなのだろうか」

「そもそも幸せとはなんだろうか」

「幸せなんてものが本当にあるのだろうか」

幸せというものはみんなが求めているものではあるが、幸せ自体が曖昧なものでよく知られていないものです。

幸せを求めているのに幸せが何かわからないというのは、どこに向かっているか分からない船に乗っているくらい不安定な状態です。

そのスパイラルから抜け出すために必要な方法を考えていきたいと思います。

幸せとはどういう状態なのか

幸せというのは、

「心が穏やかな状態」のことを言うでしょう。

別の言い方をすれば悩みがない状態とも言えるでしょう。

どんなにお金があっても将来が不安であれば幸せではないし、

どんなに恵まれた生活と友達、仲間がいたとしても心に落ち着きがなければ幸せではありません。

心が穏やかで曇りもなく、不安も心配もない状態というのは幸福感に包まれていて幸せな状態と言えるでしょう。

人は自分の心が穏やかな状態であれば、幸せというものをつかむことが出来るということです。

人生ではいろんなことを求めているでしょう。

  • 大金持ちになって、良い家に住みたいし良い車に乗りたい。
  • 社長になって、偉くなって、人の上に立って仕事がしたい。
  • 歌手になって有名になりたい。

いろんな欲求がありそれを求めて人は生きています。

それはもちろん良いことですしその欲求が満たされることによって、平穏な生活を手に入れることが出来るのであれば、一生懸命目指していくべきです。

ですが考えて欲しいのです。

「その夢を叶えた先には、本当に自分の幸せが待っているのか」

ということを。

夢を叶えることはとても大切なことですが、そればかりに執着しすぎて、本当に自分が求めているものを見失わないようにしてほしいのです。

自分がその夢を求めていて、その夢を叶えることが幸せにつながるのであればいいです。

世の中は欲が渦巻いています。

その世の中の欲に飲まれて、本当に欲しいものではないのに、その欲を羨ましがって、欲に振り回されたり、誘惑されたりしているかもしれません。

外部の情報に惑わされて、自分の人生を決めていくのではなくて、自分の人生は自分の求めているものを目指していくことが大切です。

外部の情報は抜きにして、自分のが本当になりたい自分になることが大切です。

それを見つけることによって自然と心が穏やかになり、平穏な生活、幸せを手に入れることが出来るはずです。

外部の情報に惑わされてはいけません。

本当に自分の心のなかで求めているものを探して目指してみてください。

幸せを見つける方法

「幸せというのは心の穏やかの状態であり、自分の心の中に存在するもの。」です。

幸せは自分の中にあるといってもそれが見つからないから困っているはずです。

自分の中にあるということは自分の心と向き合う必要があります。

自分の心と向き合うには自問自答ということです。

そのためには頭で考えても良いのですが、しっかりノートに書いていきましょう。

書くことはまず、

自分の理想、幸せだと思う状態や環境、自分のやりたいことやこれをやっていたら幸せ、と思うことをひたすら箇条書きで良いので書き出してください。

それをやっていくうちに、

「自分はこんなことをやりたいと思っていたのか」

「これが全部あったら幸せだな」

というふうに自分の気持ちに気付く事が出来ます。

それがとても大切な事なのです。

先ほども言った通り、

幸せというのは、心が穏やかである状態です。

それを意識して考えてみてください。

書くことはできるだけ多いほうがいいです。

あとで足したり、減らしたりするので、難しく考えずに思ったことをどんどん書いてみてください。

たくさん書く事が出来たなら、

その書いたものの中でいらないものを削っていきます。

「いやいや、書いたものは全て欲しいし、全部手に入れないと気が済まない」

そんな風に考えてしまうかもしれませんが、

「幸せ、生きる意味」というのは、

「心が穏やかで平穏な状態」のことを言います。

自分の中で外部に惑わされている欲を叶えたとしてもそれは心の平穏ではありません。

良い欲と悪い欲とは、悪い欲があると幸せになれない

良い欲というのは、

「自分自身が求めていて、それに向かって努力すること、目標に向かって行動することが出来て、それを達成した時に幸福感がある」

それが良い欲です。

悪い欲というのは、

「外部からの情報によって、自分が欲しいものではないのに、欲しがっている状態」

というのが悪い欲です。

悪い欲を叶えたとしても、本当の幸せにはつながらないし、本当の目的に向かうための遠回りになってしまいます。

本当の幸せに向かって努力しているのに、自分の外部から刺激された欲や本当の幸せに全く関係ないものを手に入れるために行動していては、結果的に幸せになるために遠回りになってしまう上に、それに気を取られて、本当の幸せを手に入れる事が出来なくなってしまいます。

なので、まず本当の目標、本当の幸せを手に入れて、そのあと本当に欲しいければ、手に入れれば良いのです。

なのでまず、本当の幸せを見つけ出しましょう。

本当の幸せというのは、心の穏やかな状態、平穏な状態です。

そこに必要ないものは、無くしていきます。

例えば、

高級マンションに住む、ベンツに乗る、社長になって人の上に立ちたい。

など、そう言った目標があるとします。

それを手に入れたら、もうそれだけで本当に幸せで、

「生きる意味を見つけたんだ」

「これで心が穏やかで不安も心配もない」

「私はベンツに乗るために生まれてきたんだ」

そういう風に思えるでしょうか?

思えないのだとしたら、無くしてください。

そういうものは、外部からの情報で、

「ベンツはとても良い車で乗りやすくて、見た目もかっこいい」

「高級マンションに住めば、誰よりも高いところに住めて、優越感に浸れます」

そう言った、人の欲を刺激するような情報によって、思い込まされているのです。

本当に小さい頃からベンツに乗りたくて、それが将来の夢だった。

それで、幸せを手に入れる事が出来るのならそれでも良いのですが、

多分ほとんどの人がそうではありません。

なので、そういうものは無くしてください。

そして、その中で残ったものがあると思います。

それは、外部からの情報ではなく、自分の心から求めているものであり、それを努力し、実行する事が出来れば、心が穏やかで、平穏な生活になる。という事です。

もし、それでも心がざわついたり、何かが足りないと思ったとしたら、もう一度考えてみてください。

自分の中で、足りないものがあるという事です。

それは、

心の中にはあるのに、自分自身が気が付いていないものです。

それを見つけるまで、また必死に考えてみてください。

見つけるには、ずっと考えて考えて考え抜いた時に初めて見つかるものかもしれません。

子供の頃は、素直で余計な情報がなかったので、わかっていたかもしれません。

ですが、大人になるにつれて、いろんなことを考えて、影響を受けた結果、その求めていた幸せを忘れてしまったのかもしれません。

ですが、心の中には、大切なものなのでしっかり残っているはずです。

残っているから、

「まだ何か足りない。」

「心がざわつく」

という風に思うのです。

全部出ていて、本当の幸せがわかっていたとしたら、心が晴れていて、

「そこに向かって行動すれば、心の平穏がある。」という風に思うはずです。

ですから、その本当の幸せを見つけるまで、書き出してみたり、考えてみてください。

それは、自分自身で見つけるしかありません。

なぜなら、自分の心の奥底に眠っているもの。

他の誰かが知っているわけではなく、

「自分の心が一番よく知っているから」です。

常にずっと考えていれば、きっと見つかるはずです。

なぜ心の平穏が幸せにつながるのか

心を平穏や穏やかな状態が幸せな状態と言っていますがそんな心の平穏なんか求めていない人もいるでしょう。

求めていない人からすれば、

平穏な生活=幸せ

とはならないでしょう。

しかし平穏な生活は幸せにつながるのです。

平穏ということは何も問題がない生活ということです。

何も問題がないということは大きな悩みがない生活です。

それだけ心に余裕があり、自由な生活が出来ているということです。

何か自分がしたいことがあるのならやれば良いのです。

楽しいことをしたいのならすれば良いのです。

そうやって自分の好きなことを好きなようにするのは平穏な生活があって初めて出来るのです。

不安や問題が多い状態で何をやっても楽しむことは出来ません。

心がざわついている状態では、そればかりに気を取られてしまって何も自由がないのです。

何をするにも平穏な生活、ストレスのない自由な生活があってこそなのです。

ですから幸せを手に入れるためには平穏な生活、ストレスのない生活が必要なのです。

答えはいつも自分の中にある

たくさんの人が、いろんなことに迷って、、悩んで、全然わからなくて、答えを出せずにいます。

確かに答えを出すというのは、簡単なことではありません。

自分の心の中には、答えがあって、それを求めているのに、

「別のもっと良い答えがあるのではないか」

と考えてしまいます。

そうすると答えからどんどん遠ざかってしまいます。

ですが人間は、

自分の心には嘘をつくことは出来ません。

自分の心には常にやりたいことや求めている事があります。

それに気付く事が出来ていないから悩むのです。

どんな答えなのかは誰にもわかりません。

分かるのは自分だけなのです。

なぜなら、

自分自身が納得すればそれが答えだからです。

他人がなんて言おうと、それが本当の答えだったとしても、自分が納得出来なければそれは答えではありませんし、幸せな人生ではありません。

ですが、

自分の心が納得して、自分の頭(思考)でも納得出来たのなら、それが本当の答えなのです。

自分の心ではわかっていても頭で分かるまでには時間がかかります。

なので、自分の心が分かるまで、自分が納得するまで必死に考えて、一生懸命自分に向き合ってください。

そうすれば、必ず自分の気持ちに気付く事が出来ます。

自分の気持ちに正直になる事が出来ます。

そうすれば、幸せにまた一歩近づく事が出来るでしょう。

自分の心の中に答えはある。

そのことを忘れないで欲しいと思います。

執着してしまったら幸せも苦痛に変わることもある

「これが私の生きる意味なのだからずっと守っていなければいけない」

「これがなくなったら終わりだ」

今までそれがあれば幸せだったはずなのに、いつしかそれがないと幸せではないという思いに変わる瞬間があります。

執着し始めるのです。

今までそれがあれば幸せだったにも関わらず、それを失うのが怖くなってこだわるようになるのです。

一度そうなってしまうと、

今までそれがあれば幸せだったのに、それが苦痛に変わってしまうのです。

苦痛と幸せというのは紙一重なのです。

そのことをしっかりと理解しておきましょう。

幸せが苦痛に変わらないようにするには自分を認めること

幸せはその幸せに執着してしまうとどうしても苦痛に変わってしまうものです。

では執着せずに苦痛にならないようにするために必要なことは、

こだわり過ぎないことです。

そして自分自身を認めることです。

こだわり過ぎるとどうしても人は苦痛になってしまいます。

少し俯瞰的に見ることも大切なことです。

そして一番大切なことは、

自分を認めることです。

なぜ自分を認めることが大切なのかというと、

人間は自分以外をコントロールすることが出来ないからです。

極論自分自身だって自分の思い通りにはならないでしょう。

それくらい現実は自分の思い通りにはならないということです。

そうなると自分以外のものに執着をすれば苦痛を感じることになるのです。

なので、自分自身を認めてあげることで苦痛は無くなるのです。

「〜がなければならない」という状態から、

「自分はすでに満ち足りている」

「自分はすでに幸せだ」

という考えになれば、自分は何もなくても幸せだということに気づく事が出来るので、執着は無くなります。

なので自分を認めてあげる事で苦痛は無くなるのです。

自分を認めるという表現ではなく、足るを知るという表現でも良いでしょう。

詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧だください。

【詳しくはこちら】幸せになるためには「足るを知る」を知ることから始まる

幸せは一つではない

これがないと幸せではないと思い込んでしまうと、どうしてもそれがないといけない人生になります。

ずっとその幸せに縛られて生きていくことになるのです。

今の自分からするとそれが一番の幸せかもしれませんが、

自分の幸せというのは一つではないのです。

たくさんあるのです。

幸せというのは無数に存在しているのです。

美味しいご飯を食べられるのも幸せです。

家族がみんな元気であることも幸せです。

友達と居られるのも幸せです。

好きな映画を観られるのも幸せです。

小さな幸せだと思うかも知れませんがどれも幸せです。

その中に自分が本当に求めている幸せがあることもあるのです。

そしてどれも自分が幸せを求めている幸せなのです。

なぜそう言えるのかというと、

幸せというのは一つあれば幸せということはないからです。

家族がいれば幸せだと思ったとしても、ご飯がろくに食べられなければ幸せではないでしょう。

人間関係で悩んでいれば幸せではないでしょう。

友達がいれば幸せだと思っていたとしても、仕事で悩んでいれば幸せだと感じないかも知れません。

人は一つのものがあれば幸せということではなく、

全体的に見て、今はある程度幸せだと感じればそれは幸せなのです。

ですから幸せは一つではないのです。

あとがき

人間は自分が幸せだと思った時に初めて幸せだと感じる事が出来るのです。

ある意味何があるから幸せだとかそういうことではなく、自分が幸せと感じることさえ出来れば、何もなくても幸せなのです。

そうなると幸せを感じる事が出来る心を持つ事がとても重要だという事です。

詳しくはこちらを読んでください。

幸せを手に入れるには幸せを感じる心が大切【幸せへの近道】

幸せを見つけることは簡単なことではないかもしれません。

しかし幸せというのは案外目の前にあるものです。

自分の心の声を聞くことができれば自然と見つかっていくものです。

不安や心配、悩みがあるといまがどんなに恵まれた生活を送っていたとしても幸せと感じることはありません。

どんなに他が充実していたともしても、一つでも大きな悩みがあるだけで本当の幸せとは思わないでしょう。

ですから幸せというのは、それだけ穏やかな心と平穏な日々、ストレスのない生活が大切なのです。

その答えは自分の心に必ず存在してるのです。

素直な心を持っていれば自然と幸せに気付くことができるのです。

LINE公式アカウントでは、
ブログでは書かないような更に深い内容を発信しています。

 

ツイッターもやっていますのでそちらも合わせてフォローお願いします!

noteでも書き始めたので、興味がある方はこちらも読んでいただけると嬉しいです。

note|ヨシタカ

 

スポンサーリンク