失敗してもいいし失敗して当然。変化をすれば最初は初心者から始まる

「失敗してもいい」

「誰でも最初は失敗する」

そう思っていても誰でも失敗なんてしたくはないでしょう。

だけど、

失敗しない人なんて誰もいないのです。

何故なら誰でも始めは初心者だからです。

生まれてきた時はこの世界の初心者として生まれてきます。

小学生になれば小学生の初心者となる。

高校生になれば高校生の初心者になる。

社会人になれば社会人の初心者です。

結婚すれば結婚することも初心者です。

会社を変えれば新しい会社では初心者です。

子供が生まれれば親になることが初心者です。

ずっと人は変化していくのだからその変化のたびに初心者になるのです。

初心者なのだからいきなり何でもうまくいくわけではありません。

うまくいかなくて当然なのです。

失敗して当然です。

誰も失敗したくて失敗してるわけではないでしょう。

うまくやろうと思っても失敗することはあります。

失敗するのは仕方ないことですし悪いことではないのです。

そもそも失敗とは何なのでしょうか。

自分が恥をかいたり嫌な思いをしたら失敗になるのでしょうか。

自分の思い通りにならなかったら失敗なのでしょうか。

しかしその失敗があるから成功することもたくさんあるのです。

そうなったらその失敗は成功の一部になります。

成功するために必要なことになるのです。

それならそもそも失敗なんて存在しないですし、全てが自分にとって必要なことになるのです。

それだったら失敗とか成功、正解にとらわれる必要なんてありません。

あるのは「自分がどう生きたいか」ということだけです。

「自分がどうしたいか」ということだけです。

自分の思うように生きれば良いのです。

失敗も成功も正しさも正解もありません。

何か変化をすれば初心者になるのです。

失敗することは生きていれば多々あるのです。

失敗しても上手くいかなくても良い。

失敗しながら徐々に出来るようになっていけば良いのです。

変化をすれば初心者から始まるのです。

だから失敗を恐れる必要は全くないのです。

成功失敗にとらわれずに自分のやりたいことをやりたいようにやっていけば良いのです。

スポンサーリンク