スポンサーリンク

人生を生きていれば、辛いことや苦しいことがたくさんあります。

それだけたくさんの試練が訪れるということもであります。

試練が来ることはあまり喜ばしいことではないけれど、試練なき人生というのはあり得ないでしょう。

試練というのは必ずやってきます。

そうは言っても試練があまりにも長く続くと、

「いつになったらこの試練が終わるのだろうか」

と思ってしまうことはある。

それだけ試練というのは、とtめお長く感じてしまいますし終わりの見えないものに感じてしまうでしょう。

試練には終わりがある

では試練というのは本当に終わりが来るのかということですが、

試練には必ず終わりが来ます。

もちろん試練によってもその人によっても試練の内容も大きさも試練の長さも違ってきます。

本当に長い間試練が続くこともあるでしょう。

しかし絶対に終わる日が来るのです。

小さい頃にも今考えればそれなりに悩みがあったでしょう。

しかしその悩みは今も同じことで悩んでいるということは少ないでしょう。

そのように今の悩みも、時が経ち、環境も変われば試練というのはなくなっていくのです。

試練というのはいつまでも続くわけではないのです。

どうして試練が終わらないのか

ではどうして試練が終わらずにずっと辛いことが続いてしまうのかというとそれは、

自分自身がその試練の乗り越え方を知らないからです。

試練の乗り越え方を知っている人からすれば、そんなに大きな悩みにならずにすぐに乗り越える事ができるでしょう。

人間関係が得意な人からすれば、人間関係の試練はすぐに乗り越えていくでしょう。

そもそもその試練は試練だと感じないかもしれません。

試練が長く続くのは、

その試練から逃げているかその試練が自分にとってとても苦手なものだからずっと長く続いてしまうのです。

その乗り越え方が分かるまでに時間がかかるのです。

早く試練を乗り越える方法

試練が長く続いていると「早くこの試練に終わりが来ないかな」と悩んでしまうでしょう。

早く試練を乗り越えるためには、

その試練と真剣に向き合う事が何よりも大切な事です。

試練というのは自分が苦手でその試練の乗り越え方を知らないから試練が長引いてしまうのです。

もし自分が全てのことを知っていたら試練が長引くことはないということです。

もし乗り越え方を知っているのならその方法を試すでしょう。

そしてもし乗り越えるには時間がかかるものだと知っていたら、あえて無理に悩むことはしないでしょう。

無理なものは無理だと知っているので受け流すか、受け入れるでしょう。

そうやって試練というのは知っていて、それを実行出来れば悩まない、もしくはそこまで深くは悩まないのです。

自分に出来る事があって、乗り越える方法を知っているのならあとはやるだけです。

大きな試練になることはないでしょう。

試練というのは自分が知らないことであったり苦手であるから悩むのです。

試練が訪れるきっかけは外にあるかもしれませんが、試練の原因は常に自分の中にあるものなのです。

試練を早く乗り越えるためには、

自分の心と自分の試練と本気で向き合って、自分なりのやり方で乗り越えていけるように見つけていくことが大切なのです。

こだわりと焦りを捨てよう

試練というのは結局は、自分のこだわりからくるものです。

「こうでなければいけない」

という思いがあると、その状態になっていないと悩むのです。

そもそもこだわりがなければ悩みは生まれないのです。

そしてもう一つの原因は焦りです。

ある意味見えない敵と戦っていると言っても良いのではないでしょうか。

どういうことかというと、

勝手に他人と比べて、自分の方が劣っていると人は焦ります。

他人と同じにならないと悩むのです。

そうやって何となく色んな人と自分を比べながら人は生きているのです。

他人を気にしてしまったらそれは悩みは生まれます。

だって、人よりも劣っているところもあれば人よりも優れているところがあるのは当たり前です。

それが個性なのですから。

ですから他人と比べたり、存在しない世間と比べる必要はないのです。

他にも未来の自分をイメージして焦ることもあります。

自分のイメージと現実がかけ離れていると、どうしても焦って辛くなります。

その理想と現実のズレによってもそれが試練と感じてしまうものなのです。

そういう自分自身が作ってしまう試練というのは出来るだけ無くしていく事が大切です。

試練は自分が納得出来れば終わりを迎えることが出来る

自分とは関係のないことで悩んだり、自分自身のことで悩んだりすることがありますが、どちらにせよ結局は自分自身が納得出来ていないから悩むのです。

受け入れきれないし、納得出来ないから試練が来るのです。

試練を乗り越えて、自分のイメージ通りの現実を手に入れることが出来れば、納得して試練を乗り越えることが出来ます。

これが一番良い結末でしょう。

逆に乗り越えられずに諦めるしかないという状況もあるでしょう。

そんな時は永遠に試練が終わらないのかというとそんなことはありません。

「精一杯頑張ったけど自分には出来なかった」

「やれることはやった」

そんな風に自分自身が納得出来れば悩みはなくなり、試練が終わるのです。

「それってただの諦めじゃないの?」

そう思うかもしれませんが、そんなことはありません。

人には向き不向きがあります。

目の前のことに執着せずに、自分が向いている方向へと進むことが正しいと気付くことも大切なことです。

何が何でも自分の意見を貫くというのは良いことのように思えますが、自分自身を受け入れて、自分にとってより良い選択をするというのも大事なことなのです。

そうやって「これじゃないといけない」という考えを捨てて、自分に合った道へと進むことで、試練を終える事も出来るのです。

あとがき

試練が全く終わりが見えないと本当に辛い気持ちになってしまうでしょう。

しかし試練には必ず終わりが来ます。

最終的に試練が乗り越えられなかったとしたら、あとはその試練を受け入れるしかありません。

いくらみんながプロ野球選手になりたいと言ったとしてもその中で本当になれるのはごく一部の人だけです。

みんなが試練を乗り越えられるかは分からないのです。

もし立ち向かってそれでも乗り越えられなければ、

「自分は精一杯やった」

「やれることは全てやった」

という風に諦めがつくでしょう。

そうやって悔いなく後悔なく試練に立ち向かう事ができれば、それはそれで受け入れるという形で試練を乗り越えることができるのです。

結果的に試練には終わりが来るのです。

試練を乗り越えるには、とにかく自分自身の成長が必要不可欠です。

自分自身が変化しなければ、問題を解決することも出来ませんし、最終的に受け入れることも出来なくなります。

試練を解決するには、何よりもまずはその試練と真剣に向き合うことが何よりも大切なことです。

向き合わないで逃げ続けていればそれだけ試練は長引くことになります。

試練に終わりが来ないのは自分自身に原因があるのです。

向き合うというのはとても辛いことですし大変なことかもしれませんが、しっかり試練に向き合って自分なりの乗り越え方を見つけ出しましょう。

結局は自分が納得しないといけないのです。

自分自身で見つけるしかないという事なのです。

自分自身が納得出来れば試練は終わります。

その日が来るまで、試練と向き合って立ち向かっていく事でより早く試練を終えることが出来るのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事