人生は試練の連続。試練が来るのは自分が成長するとき

人生は試練の連続です。

良い時もあれば悪い時もありそして全然うまくいかない時だってたくさんあるでしょう。

生きていれば上手くいかないときや思い通りにいかない時期はあります。

失敗のない人はいないし完璧な人間なんていない訳ですから、頑張っていても全てが上手くいくということはなかなかないでしょう。

うまくいかない時が必ず来ると言うことは苦しみのない人生は必ず辛い時があるということです。

そんな苦しい時期や苦しいことが起きたとしても、それを乗り越えていくことで人は大きく成長するのです。

試練が来るからこそ人は大きく成長出来るのです。

自分が出来ないことや苦手なことをやらないといけない時期が来たということ

自分が得意なことであったり、自分が出来ることというのはもちろん自分が難なくこなすことが出来るので、特にそこまで大きな試練や障害ということはないでしょう。

しかし自分が出来ないことをやろうとするとそれはとても苦痛で難しいことです。

今までの自分には出来ないことをやるのですから、それは出来るようになるまでに時間も労力もかなり必要になってくるでしょう。

それが自分にとってとても嫌なことであったり、出来ないことをやるのだから苦痛でたまらないでしょう。

もし自分に得意なことや好きなことだけをやって生きていけるのであればそれは苦痛は少ないです。

人間関係が苦手な人は人間関係で悩みやすいものですし、仕事が苦手であったり嫌いだとしたら、仕事で悩むでしょう。

そうやって人は自分の出来ないことで悩むようになっているのです。

もちろん自分にとって得意なことで悩むことがありますが、それは向上心が故の悩みです。

それも同じように自分にはもっと高いスキルが必要だという事なので、自分が出来ないことで悩むのと原理は同じです。

自分が必要だと思うくらい出来ないと人は悩んでしまうものなのです。

自分が出来なかったことや嫌いなことが出来るようになれば悩みは消える

自分に出来ないことがあったり自分がこれくらい出来ないと辛いと思うことがあるとどうしても人は悩みます。

逆に言えば、これくらい出来れば良いというくらいまで出来れば人は悩まないのです。

その後に欲が出たり、それ以上にもっと出来るようにならないといけない状況になったとしたらまた自分には出来ないことをやらなければいけないので悩むことはありますが、とりあえずこれくらい出来たら上出来というラインまでくれば人は悩まないでしょう。

それが課題や試練をクリアしたということです。

「人見知りが強すぎて、友達を作る方法や人付き合いをどうしていいかわからない」という人は、どうやって人と仲良くできるのかを考えていく必要があります。

それか友達や人間関係などいらないと思うか、全く気にならなくなるまで試練は続くでしょう。

環境の変化で試練がなくなることはありますが、それもまた環境が変われば試練がやってきます。

ということは結局自分が変わらないと本当の意味での問題解決にはなっていないのです。

自分が変わらないと同じ試練というのはなんどもやってきます。

人見知りで悩んでいるのだとしたら人見知りが直らないとずっと人見知りで悩むことになってしまいます。

それはそれでとても辛いものです。

いつも同じ人と会うだけの人生なら大きな悩みに発展しないかも知れませんが、そういう訳でもないでしょう。

もし自分が今の現状に納得できていないのなら自分自身を自分の力で変えていくしgかありません。

逆にどんな状況だとしても自分が納得しているなら、周りになんと言われようと今のままでいいのです。

試練というのは結局自分次第です。

試練というのは自分の心が作り出している試練なので、自分の心が変わればその試練自然となくなります。

自分がこだわっていたり、思い込みが強くて苦手意識を持っていたり、自分には出来ないと決めつけているから悩むのです。

その思い込みをなくして、自分自身を変えていくことができれば試練を乗り越えることが出来るのです。

試練の乗り越え方はいろいろある。自分の出来ることで乗り越えよう

悩んでいることがあるのだとしたらまずは悩みの根源を見つけて、それを解決するために行動し続けることが大切です。

その悩みや試練を乗り越えるために必要な行動や考え方というのは本当に様々な方法があります。

試練の乗り越え方というのは完全に人それぞれです。

例えば、

人間関係に悩んでいたとしても、仕事を頑張り続けてすごい成績を残した結果、周りの人が自分に話しかけてくれて、みんなが親しくしてくれて人間関係でも悩まなくなり、その後も自分に自信が付き、その後人間関係に悩むことはなくなった。

そうやって苦手なことを別の方法で乗り越えるられることもあるのです。

もちろん直接的に問題を解決できるのならそれが良いでしょう。

自分が人見知りで初めての人と話すことが苦手で仕事で営業をしているけれどなかなかうまくいかないということもあるでしょう。

そういう人は人見知りを解消することでしっかりと仕事が出来るようになるのが良いと思いますが、そうでなくても試練というのは乗り越えることが出来るのです。

例えば、

人見知りで会って話すと会話が出来ないのであれば電話なら大丈夫という事なら電話での営業をメインで行ったりする事もできるでしょう。

友達に頼んで紹介してもらうのも良いかもしれません。

なかなか営業の仕事をしていて人見知りでは難しいと考えたのなら、営業をやめてしまうのも一つの手です。

実際人見知り自体が悪い事ではありません。

別に仕事自体を変えてしまえばその悩みは解消されます。

そうやって人それぞれ乗り越え方はいろいろあるので自分の出来る事で乗り越えましょう。

試練の乗り越え方はたくさんあるのですが、「人見知りを解消したい」という試練なのだとしたらそれは人見知りを直さなければ乗り越えることは出来ません。

それはしっかりと自分と向き合って乗り越えていく必要があるでしょう。

試練は自信を持つことで乗り越えられる

試練というのは大抵の場合は、自分の自信のなさからくるものが多いでしょう。

先ほど話した人見知りというのは完全に気持ちの問題です。

みんな初めて会う人とは何を話して良いのかわかりません。

もっと言えばみんな人見知りなのです。

しかし、過去に初めて会う人とも普通に話せたことがあればそれだけ成功体験をしています。

前にも出来たから知らない人と会っても話せるだろうという自信があるのです。

そうやって自分に自信を持つことで試練というのはなくなっていくのです。

自分の苦手意識が試練を作り出しているのです。

苦手意識は他人と比べるから生まれるもの

苦手意識は自分の心が作り出してしまうものです。

ですから自分は人見知りではなかったんだというような成功体験によって苦手意識というのは解消されます。

大体苦手意識というのは自分の周りの人達によって決まることがあります。

周りの人よりも自分が出来ないと思い込んでしまうと苦手意識になってしまいます。

人との比較によって生まれるものなのです。

だとしたら自分の周りにいる人たちが自分よりも人見知りの人がいたり、人見知りの人ばかりのグループにいたのだとしたら自分は人見知りではなくなります。

自分は人見知りだと思っていたけどそうじゃなかったんだと気付くことさえ出来ればその時点で人見知りではなくなるのです。

苦手意識というのはそんなものなのです。

試練は何が原因でくるかはわからない

試練は何が原因でくるかは分かりません。

「人間関係で悩んでいたはずなのに解決した理由が仕事だった」

そんなことだってあるのです。

仕事での人間関係で悩んでいて仕事に行きたくないと悩んでいるとします。

上司がいじめてきたり、いちいちうるさくて本当に上司が嫌いで辛い。

そんな事も実際に人間関係が原因ではないかもしれません。

例えば、

色々上司に色々言われているけれど、それが仕事の成績が良ければ全く言われなくなったりするのです。

成績が上がり、みんなにすごいと言われてからは人間関係で悩むことはなくなった。

そんな事もあるのです。

ですから、実際何で試練を乗り越えられるかはわかりません。

結局はその人次第なのです。

まずは悩んでいるのなら自分が変わらないと現実は変わりません。

悩みがあるのなら自分を守るのではなくて自分をとことん変えること

変化を恐れないことが大切です。

それにはプライドがあると自分を変えることが難しいですし、いろんな自分を守っているものを変えていかなければいけません。

自分を変えるには、今までの自分と同じことをしていたら変われません。

苦手な事をやっていくのが嫌なのだとしたら、ほかの方法でも良いのでとにかく自分を変えていきましょう。

上司が苦手だとしたらその上司と仲良くなる努力をしても良いですし、見返すために一生懸命仕事をするでも良いのです。

どんな方法でも良いので自分を変えて試練を乗り越えていきましょう。

試練は心の問題

色々試練について話してきましたが、実際試練というのは本当に試練が来ているのではなくて基本的には心の問題です。

自分の気持ち次第なものです。

他人にとってはとても辛い出来事だったとしても自分にとってそんなに辛いと感じなければそれは試練ではありません。

逆に客観的に見れば大したことではなくても、自分が大きな出来事だと感じればそれが試練になってしまいます。

他にも現実では何も起きていなかったとしても、自分の心が大変だと感じたり未来が不安で仕方がないという精神状態だったとしてもそれは試練になってしまいます。

ですから試練というのは現実で何が起きているのかということはあまり関係がなくて、自分がどう感じているのかということの方がはるかに重要だということです。

試練があるかないかも心や気持ちの問題なのです。

ですからもし本当に苦しい試練が来てしまったとしても、それを乗り越えられるか乗り越えられないかは自分の気持ちにかかっています。

確かにとても辛いことというのはありますが、乗り越えられないものではありません。

人は同じことで死ぬまで悩み続けることはそこまで多くありませんから、時間とともに成長して乗り越えていくことが出来るのです。

いますぐに乗り越えるのは大変かもしれませんが、試練は気持ちや心によって決まるものですから必ず乗り越えることが出来るのです。

ゆっくりで良いので乗り越えていきましょう。

あとがき

試練が来るということはそれだけ自分が何かしらの変化をしなければいけない時期がやってきたということです。

試練というのは、自分自身の思い込みや自分で自分の道を決めつけたり狭めたりしていてどんどん自分が苦しくなった結果試練というのは訪れることが多くあります。

思い込みや苦手意識を持たずに柔軟に対応していくことが出来れば試練というのはすぐに乗り越えていくことが出来ます。

しかし自分の思い込みというものは厄介で、自分自身では何にこだわっていて何を思い込みを持っているかがわからないから悩んでしまうのです。

それくらい当たり前のように自分の中にあるものなので、なかなか気づく事も出来ずにそれを変える事も難しいことのなのです。

他人から見ればすぐにわかることかもしれませんし、それを変えた方がいいと言われても自分で決めつけていることだったりするのでなかなか変える事が出来ません。

頑固になってしまうのです。

それは自分自身がずっとそうやって生きてきたのだから今更変えろと言われてもなかなかそうはいきません。

本当に辛くなってどうしようもなくなって初めて変えるしかないと気付いて自分自身を変えて、試練を乗り越えることが出来るのです。

もし自分が今試練の時だと思ったら、自分を変える努力をすることが大切です。

そして早く試練を乗り越えたいと思うのなら出来るだけ自分の心に素直になることです。

自分で作り出してしまった試練なのです。それなら自分自身の心を変えることが出来ればその試練を乗り越えることが出来るのです。

答えは必ず自分の中にあり、そして当たり前のように存在しています。

それの心に気付き、その気持ちを変えることで試練を乗り越えていけるのです。

スポンサーリンク