スピリチュアルを学ぶことによって心を整える。そして行動によって現実を変える

スピリチュアルな考え方を中心にして生きている人は考え方がとても素晴らしいと思いますし、本当にたくさんのことを学ぼうという意思を持っているので向上心もあります。

そして正しく生きようと思う心を持っているので人間的成長をすることに対してはとても大切なことです。

しかしスピリチュアルな考え方は自己成長にも繋がりますがその分デメリットもありますし、地に足がついていない人が多いのも事実です。

スピリチュアルな生き方の落とし穴

スピリチュアルを全開で生きている人はどうしても行動が伴っていない人が多いです。

「引き寄せの法則によって導かれる」

「願っていれば必ず叶う」

そういう考えを持っています。

もちろん引き寄せの法則は存在しますし願っていれば、願っていない人よりかは叶う確率はとても高くなるでしょう。

しかしそれだけでは現実は引き寄せられてこないのです。

スピリチュアルだけでは精神的な成長はあったとしても、スピリチュアルだけでは現実的な成長は出来ません。

どちらも同じように成長していく必要があるのです。

スピリチュアルは精神の成長

スピリチュアルな考え方や生き方というのはとても素晴らしいものです。

私自身もそれは痛感していますし基本的にはスピリチュアルな考え方をもとに生きています。

どんなにスピリチュアルな生き方をしていてもそれだけでは現実を変えることは出来ないのです。

しかし現実を変えられないからといって全くスピリチュアルが意味がないのかというとそんなことはありません。

スピリチュアルな生き方は精神的な成長がとても早く学ぶことが出来ます。

引き寄せの法則や自然の摂理などを学ぶことはこの世に感謝することが出来ますし、常に優しくいられるようになります。

辛いことがあっても、どうして辛いことがあってどうしてうまくいかないのかを判断することが出来るようになるのでたくさんの障害を乗り越えていくことが出来る力になります。

何よりも一番の良いところは人の役に立てることです。

スピリチュアルを学ぶと自然と生きる知恵がついてきますので人にアドバイスが出来るくらいにたくさんのことを学ぶことが出来ます。

知恵は力なので本当にスピリチュアルな生き方は自分自身が大きな成長に繋がります。

そして人に優しくなれるでしょう。

精神的な面では本当にたくさんの成長がありますし器も大きくなっていきます。

精神的な成長を遂げたいと思うのならスピリチュアルな分野を学ぶことは良いことだと私は思います。

現実を変えるのは行動力

精神的な成長を遂げるためにはスピリチュアル的な生き方はとても良いとお話ししましたが、それだけでは現実的成長をする事は出来ません。

引き寄せの法則といってもただ何もしないで引き寄せてこれるものでもありません。

やはり行動する事で自分の思い通りのものを引き寄せてくることが出来るのです。

じゃあ引き寄せの法則を学んだところで何も意味はないではないかと思うかもしれませんがそうではありません。

引き寄せの法則というものは存在します。

よく願えば叶うというけれどそうではなくて正しい言い方をすれば、

「願わなければ叶わない」という方が正しい考え方です。

願っただけでは叶いませんが、全く願ってもいないのに引き寄せてくることもありません。

プロ野球選手になりたいと全く願ってもいないのに野球もやっていないのにプロ野球選手になれてしまった。

そんな事はありえません。

やはりプロ野球選手になりたいと思っているからなれるのです。

ですからそれだけ願う事は大切なのです。

しかし、実際にプロ野球選手になるために必要な事は野球がうまくなるように練習することが何よりも大切なことです。

野球が上手ければ自然と有名になってプロへのスカウトがくる確率は高くなります。

ですから毎日練習する事は何よりも重要です。

どんなに練習したとしても全く試合に出なければ有名になることもありませんからしっかりと試合に出て活躍すること。

それが必要になってきます。

そうやってしっかりと明確な行動を続けていくことでプロ野球選手になるという現実を引き寄せてくることが出来るのです。

現実を変えるには行動力が必要不可欠です。

引き寄せたいものがあるのならしっかりと行動していきましょう。

スピリチュアルは心を整える役割がある

スピリチュアルを学ぶことで、精神的な豊かさを手に入れることが出来ます。

辛いことが起きても慌てたり、打ちひしがれることがかなり減ります。

心が整っていると、自分らしくない行動や自暴自棄のような行動はとても減ります。

人生の失敗が減るのです。

なので正しく幸せな人生を送る為には、スピリチュアルを学ぶことはとても有効な手段と言えるでしょう。

現実が幸せでも精神的な幸せがなければ幸せではない

どんなに経済的に成功していたり、現実的に良い生活を手に入れたとしても、それによって本当の幸せが手に入るのかと言われるとそんなことはありません。

幸せというものは自分の心が決めることです。

現実がどんな状況なのかということは関係ないのです。

もちろん現実問題が少なければ当然幸せを感じる余裕が生まれるので、幸せは感じやすいでしょう。

しかし、どんなに現実的に余裕があったとしても欲を出して「もっともっと」と求めてしまうと、心に余裕がなくなります。

心に余裕がなくなってしまうと幸せを感じることが出来なくなるのです。

なので現実が裕福だったとしても、幸せになれるかどうかは別の話なのです。

その為には精神的な豊かさを手に入れる必要があるのです。

そういう意味ではスピリチュアルを学ぶことで精神的な豊かさを手に入れる為には、最高の分野と言えるでしょう。

あとがき

私が言いたいのはスピリチュアルを学ぶことが意味がないと言いたいわけではありません。

私自身、かなりの時間を費やして学んできた分野なのでむしろどんどん学んで欲しいと思います。

しかし、それだけでは現実的問題が解決するかというとそれもまた違います。

スピリチュアルで心を整えて、その整った心を持って、正しい行動をすることによって現実も思い通りの方向へと進んでいくことが出来るのです。

スピリチュアルも使い方次第ということなのです。

精神力を鍛えるのならスピリチュアルな生き方をするのはとても良いことです。

そして現実を変えるためには行動力が大切です。

スピリチュアルなんて結局メンタルだけなのかと思ってしまうかも知れませんが、そのメンタルというのはとても大切なのです。

行動するためにもまずはメンタルが変わっていかなければ行動することが出来ません。

自分の気持ちが前向きにならなければ行動すら出来ないわけですから気持ちやメンタルは本当に大切なのです。

心は行動するための原動力なのです。

心を鍛えてそしてしっかりと行動すること。

そうやってどちらもバランスよく鍛えて実行していくことが重要なのです。

どちらも欠けてはいけないのです。

心身ともに成長してより良い人生に向かって一歩づつ歩いていきましょう。

スポンサーリンク