心理学

趣味を持つことで充実した生活を送れる

趣味が一つあるだけで全然日々が充実したものになる。

趣味がなくてやりたいことも目指していることもないとただ毎日が過ぎてただ日々をこなすだけというサイクルが出来上がってしまいます。

ダラダラと暇を持て余したり暇つぶしをした生活をしていたらもったいないです。

そんな時に一つでも趣味があると全然違った毎日が送れます。

趣味は日々の生活に刺激を与える

「ちょっと時間が空いたら趣味をしよう」

「明日は休みだから一日中趣味をやろう」

「仕事が終わったら趣味の時間に当てよう」

そんな風に生活にメリハリが出ます。ただ仕事を終えてから何をしようかな〜暇だな〜となるよりも、

仕事が終わったら早く趣味をしたい!

早く仕事終わらないかな〜とワクワクした気持ちになった方がずっと有意義な時間を過ごせる。

どんなことでもいいし、一つでもいいから趣味を持つことは全然違う生活を送ることが出来るから絶対に持った方がいい。

「趣味がない」と思っている人はそれはまだ探したりチャレンジしていないだけで探したり新しいことをしてみたりすると案外簡単に見つかったりする。

私自身、今は出来る限りやらないようにしているのですが、ゲームとアニメが大好きでずっとやっていきたい趣味ではあります。

ゲームは本当にやり過ぎてしまうのでかなり控えめにしています。

いつまででもやってて良いのならいくらでもやれます。

アニメ鑑賞も好きで良いアニメがあったら一気に全話、一日で24話見てしまうこともあるくらいです。

それくらいハマってしまうと続けてしまうので出来る限り控えるようにしています。

他にはスポーツも好きなのでバドミントンとか卓球とかやり始めたらハマってしまいます。

楽しいことなんていっぱいあるなって感じます。

ただそれを楽しもうと思う心さえあればなんでも楽しめます。

趣味は本気でやれば楽しくなる

楽しいことがないと思っている人は楽しもうと思っていないから楽しめないのです。

私はゲームをやるときもアニメを見るときも卓球やバドミントンをするときもいつも真剣です。

「もっと上手くなりたい」

「出来るようになるまで頑張りたい」

そんな風にいつも全力勝負をしています。

そうやって集中して本気でやるとなんでも楽しくなっていきます。

「こんなこと上手くなっても意味ないや」なんて思いながらやって楽しいはずがありません。

ゲームなんて今ではいろんなものがオンラインで出来るので全国の人たちと対戦出来たり協力できたりします。

一人で黙々とやることが嫌いでもいつでも対戦が出来るので楽しめるはずです。

楽しむコツは本気で真剣にやることです。

そうやっていろんなことに挑戦すればどんなものにもそのものの楽しさがあります。

真剣にやれば楽しいのです。

私は子供と塗り絵をやったりするのですがその塗り絵も本気でやるとやっぱり楽しくなっていきます。

もっとうまく綺麗に塗りたいと思うと楽しくなってきます。

集中することは楽しい

人は集中することが好きだし真剣になると他のことを忘れます。

その他のことを忘れている瞬間は本当に楽しい時間になります。

趣味を探すときは、自分で意識的に楽しむようにしたり本気で取り組んでみてください。

そうすることでそのものの楽しさがわかるはずです。

一つだけでも良いのです。自分にあった趣味を見つけられたら充実したメリハリのある生活を送れるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    怒りやイライラの感情を減らすためには、執着とこだわりがイライラの原因になる。

    いくら自分で気を付けていてもイライラしたり怒ったりすることってあると…

  2. 心理学

    アンチになる人の心理とは。アンチを気にしないで自分を貫けばいい。

    今の時代では批判や叩かれる事、炎上があまりにも多すぎる。それだ…

  3. 心理学

    自分の心が分からない。そんなのは当たり前のことだから気にしなくていい

    「自分の心が分からない」「自分の気持ちが分からない」…

  4. 心理学

    自分が何をしたいのか分からないという人の解決法

    自分が何をしたいのか分からないという状況の人はそれだけ自分の心に素直に…

  5. 心理学

    後悔しないためには前を向いて生きること。後悔という感情は過去に気持ちが向いているから起こるもの

    後悔というのは過去に気を取られているから起こる現象です。過去は…

  6. 心理学

    楽しむ心を持つことでうまくいく。嫌いでも向き合うことで好きに変わる可能性がある

    辛いことでも嫌いなことでも楽しんでやろうとすることが大切です。…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP