悟り

執着が悩みを生む理由。こだわり過ぎると自分が本当に求めているものが分からなくなっていく

人は自分が執着していることやこだわっていることがあると悩み苦しみます。

「お金に執着しているとお金がないことに悩み続ける」

「恋愛について執着があれば恋愛について悩み続ける」

それはどうしてかというと、

執着=こだわりだからです。

恋愛についてこだわりがある人は、

「恋人はこうでなきゃいけない」

「恋人同士は毎日会わなきゃいけない」

という固定観念があるからこだわるのです。

そういうこだわりがあると、そうじゃない状況にとてもストレスを感じます。

それが悩みの原因です。

それを解消するためにいろんな行動を取り始めます。

それが相手に直してもらうように言ったり友達に愚痴を言ったり、他の趣味などでストレス発散したりします。

そういう事からケンカになり余計に悪い状況になることになります。

お金に関しても、

「自分は大金持ちにならなきゃいけない」と考えたり、

「自分はもっと出来る人間なのだからもっと頑張らなきゃいけない」というように自分の固定観念がストレスの原因になるのです。

「大金持ちにならなきゃ幸せになれない」という固定観念がとても邪魔をしてしまいます。

そのように思っていると今の現状お金がないことに対してとてもストレスを感じて、もっとお金を稼ごうと思い、投資に手を出したり、パチンコをやったりします。

そんなことをしても余計にお金がなくなるだけで全く良い方向へは進みません。

どれも自分を正しく見る事が出来ていない事が原因です。

「今の自分はどうしてダメなんだ」

「こんなはずじゃない」

「これは周りや環境が悪いのだ」

「全部自分のせいじゃない」

そんな風に思い込んでいると、

「自分がすごい人間でなければいけない」

「こんな自分は自分じゃない」

とありのままの自分を見ないでいたり、自分を受け入れていないとどんどん悪い方向へ進んでしまいます。

「今の自分」は「過去の自分」が作り上げた自分そのものなのです。

いくらすごい自分を想像していたとしても、それはただの妄想であって自分ではないのです。

まずは自分の執着や固定観念を取り払い、ありのままの自分を見る事が大切です。

そこから今の自分に何が出来るかを考える事で自分を変える事が出来ます。

こだわればこだわるほど自分の状況は悪くなります。

それよりも今の状況は今の自分を受け入れて、自分を正しく客観的に見て、それから自分の進むべき道を決めて進んでいけば、道を間違えることはなくなるはずです。

執着やこだわりは悩みと苦痛を伴います。

持っていない自分ばかりを見ていても前に進むことは出来ません。

前に進むには、今の自分を受け入れて現状を把握しておく事が大切です。

そのあと自分がどんな方向へと進むか考えれば良いのです。

持っていない自分ばかりに目を向けるのではなく持っているものに目を向けましょう。

そこから自分の進むべき道のヒントが見つかるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 悟り

    自分に関係のないことは知らなくても、自分を知ることが出来れば悟りは開ける。

    悟りを開くというとたくさんのことを知っていろんな物事を知らなければ悟り…

  2. 悟り

    悟りを開くことは大切だけど悟りを続けることの方がもっと大切

    悟りを開くことが出来ても悟り続けることは難しいことです。悟りと…

  3. 悟り

    悟りを開くには、全てを「ただ今を見る」ことで悩みは消えていく。

    悟りを開くためにとても重要なこととそのコツがあります。それは全…

  4. 悟り

    「気付き」を得ることによって人生は変わり始める。

    自分の人生が変わる時というのは、人生が変わるだけの「気付き」が必要にな…

  5. 悟り

    欲をなくしても(禁欲)をしても悟りを開くことは出来ない理由

    悟りを開くために禁欲が大切。禁欲しなければ悟りを開くことは出来…

  6. 悟り

    悟りを開くには自分の欲に気付くこと。欲に振り回されない人生を送る

    悟りを開くために大切なことは、自分の心と感情、そして欲に気付くことで悟…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP