潜在意識

集中力が極限まで高まっている時に才能は開花する。集中は本来の力を発揮する為に何よりも大切なもの

集中力というのは自分の本来の力を発揮する為に一番大切なものです。

どんなに能力が高かったとしても集中力がない状態では自分の持てる力の半分も出せないこともあるのです。

逆に集中力が高まっている状態なら自分の潜在的に持っている隠された力が解放されることもあるのです。

それだけ自分の未知なる領域を見てみたいと思うのなら集中力を極限まで高めることです。

集中力が極限まで高まっている時に人間というのは自分の本当の力、自分自身に眠っている才能が開花するのです。

自分の限界を超えたいと思うのなら極限の集中力、ゾーンに入ることです。

ゾーンに入った時に人は大きく飛躍し、別次元の自分を体感することが出来るのです。

人間の力、可能性というのは無限大です。

自分で限界を決めてはいけません。

人間の限界なんて自分が思っている遥か上にあるのです。

自分の限界という扉を開ける為には、

極限の集中力が鍵となっていくのです。

限界を越えよう。

自分の本当の力はそんなものではないはずだ。

自分の才能を開花させたいと思うのなら極限の集中を引き起こすしかないんだ。

無限の可能性を求めていこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 潜在意識

    やりたいことが見つからないのには理由がある。やりたいことは自分の気持ちが決めること。

    「自分にはやりたいことがない」「なりたい自分や目標もない」…

  2. 潜在意識

    極限の集中の作り方。自分の中にある究極の場所

    究極の集中力、ゾーンは存在した。ゾーンの入り方が分かった。…

  3. 潜在意識

    ピンチな時ほど目の前のことに集中しよう。焦っても良い結果にはならない

    ピンチな時や辛い時ほど焦って自分らしくない行動をして、結局うまくいかず…

  4. 潜在意識

    心に迷いがあるのは、心の中で正解(正しい道)を持っているということ

    「なんか思っているものと違うな」「なんとなくこれじゃないような気が…

  5. 潜在意識

    頭の中にイメージが出来ていないのなら思い通りの行動は出来ず結果も出ない

    人は行動するためにはまず、イメージをしたり考えたりしなければ行動するこ…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP