人生哲学

正しさを知りたいのなら正しいものが一つもないと悟ることから始まる

正しさを知りたいと思うのなら一番大切な事がある。

 

それは正しさがこの世に一つもないということを悟ること。

 

正しさなんて自分のさじ加減だし、人によっても環境や時代、立場によっても簡単に変わってしまうもの。

 

全く変わらない正しさなんて存在しないのです。

 

だからこそ、全ての人間に当てはまるような正しさなんて一つもない。

 

それを知ることから正しさを知る道は始まるのです。

 

というよりも、

絶対的な正しさが一つも存在しないことを悟った時点で正しさを知ったも同然だろう。

 

そうすれば、

自分にとって正しいと思える道を見つけていく事が出来るだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    ピンチや不運なことがあっても考え方でチャンスに変わる。人生どう転ぶかは最後までわからない

    普通に生活していてもピンチや不運、ついてないなぁと思うことは起きます。…

  2. 人生哲学

    正しく生きる必要はないが正しさや常識を知ることで自分の人生を可能性が広がり、人生を豊かにする

    自分の人生は自分が決めて生きていくわけですし、自分の人生の責任は自分で…

  3. 人生哲学

    生きる意味なんて他人に決めてもらうものではない

    「私たちは何の為に生きているのだろうか。」一度はそんなことを…

  4. 人生哲学

    客観的な視点を持てば現実を正しく判断することが出来る。自分の思っている世界が全てではない。

    自分が思っていることや自分の感じているものがみんな同じことを思っている…

  5. 人生哲学

    哲学が必要な時代に変わってきている。

    哲学というのは生きていくだけで考えれば全く必要のない考え方ではあります…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP