人生哲学

他人を気にし過ぎてしまう心理とは。他人を気にしないようになる方法

他人のことを気にしすぎて自分自身が疎かになっていることが多いです。

あの人はこんな人だ。

この人はこんなことをしているらしい。

というように他人のことばかりを気にして考えていることがありますが他人の事よりも自分のことを考えていきましょう。

他人は他人ですし自分は自分です。

他人を気にするより自分がどうしていってどんな自分でありたいかの方が大切なことなのです。

他人を気にしても自分は変わらない

他人ばかりを気にしていても、

それでは自分自身はずっと今まで通りの自分でしかありません。

もちろん自分を受け入れているのであればそれで良いのですが他人のことを気にしてしまうのは自分のことを受け入れられずにいまの状況に満足していない人が多いです。

他人のことを気にするよりも自分自身がよりよく生きていくことを考えて生きていた方がずっと有意義です。

他人は他人、自分は自分。比較しても意味がない

他人は他人ですし自分は自分です。

他人と比較してもいつまで経っても自分に満足することは出来ません。

他人と比較することが当たり前になってしまうと一生他人と比較する人生になってしまいます。

いま目の前の人と比較してそこで自分の方が良いと思ったとしても、

また違う人と比べて自分にイライラしたりその人に嫉妬したりします。

他人と比較しても意味はないのです。

自分は自分の生きる道を生きれば良いのです。

自分が納得する人生を生きていけば良いのです。

自分がどうしていきたいのかを考えよう

他人がどうこうではなくて、

自分がどうしていきたいかが重要です。

他人と比較してもずっと色んな人と比較するだけでキリがありません。

他人を気にしたり比較したりする人生はやめましょう。

自分の人生を納得する人生を歩めればそれで良いのです。

他人のことを気にする時間を自分の心と対話しましょう。

今の自分のままで良いのだろうか。

どんな自分になりたいのだろうか。

そのように自分の心と気持ちに素直になって自分の心に気付きましょう。

その気付きを得ることで自分のしたいことが見えてくるのです。

自分に集中することで周りは気にならなくなってくるのです。

その結果自分らしい人生を送ることが出来るのです。

他人を気にしなくなる為には自分の人生を納得いくものにすること

他人を気にしないで生きるために大切なことは、

自分自身に納得することで周りが気にならなくなっていきます。

自分の人生に納得がいっていれば、

特に他人に嫉妬をすることなく自分の人生を有意義に過ごせれば良いという気持ちになります。

他人を気にするということは、

自分の人生に納得がいっていないから他人に嫉妬しているのです。

みんな自分よりも幸せになっているのではないか。

自分よりも良い生活をしているのではないか。

という思いから嫉妬して気になっているのです。

それなら、

自分の人生に納得しているのなら嫉妬もせず、他人を気にすることはないのです。

自分の納得する人生を歩みましょう。

そのためには、自分に自信を持ち、自分自身を受け入れられるようになることが大切です。

あとがき

他人に目を向けていても自分自身が変わることがありませんし、自分を受け入れることも自分に満足することもありません。

自分自身に不満があるので、他人と比較して自分が安心したいだけなのです。

その場限りの安心ではいつまで経っても幸せになることは出来ませんし、自分の人生に納得することはありません。

大事なのは自分がどう生きていくのかということです。

自分が納得のいく行動が出来ていれば人のことは気にならなくなります。

他人よりも大切なのは自分です。

もっと自分に目を向けてあげましょう。

それだけでもずっと良い人生を送ることが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人生哲学

    自分の大切なものを見失ってはいけない。失ってからでは取り戻せない

    あなたは大切なものはありますか?失いたくないものはありますか?…

  2. 人生哲学

    変えられない過去に囚われるよりも「今」そして未来のことに目を向けよう

    過去のことで悩み続けて一歩も前に進めない。そういった悩みを抱え…

  3. 人生哲学

    自分の人生と行動に美学を持つ。美学を持つことで自信が持てる

    自分の人生や自分の行動に美学を持って生きる。ということは自分の…

  4. 人生哲学

    言葉というのはとても曖昧なもの。同じ言葉でも人によって意味合いが大きく異なる

    言葉というのはとても曖昧なものです。同じ言葉を使っていたとし…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP