心理学

小さなことで落ち込むのはやめよう。悪いことも辛いこともあるのが人生なのだから

生きていれば良い事も悪い事もあります。

それはどんなに調子の良い時でも悪い事は起きますし、どんなに悪い時でも良い事は起きます。

ただ自分の精神状態がどっちの方向へと向いているかで感じ方はまるで変わってきますが、どんな時でも良い事も悪い事もあるのです。

ですからいちいち小さな事で落ち込んでも仕方ないのです。

悪いことが起きたとしてもそれが続くかどうかは分かりませんし、その時その時によって決まるのであって、そこまで大きく関連しているわけではないのです。

確かに今の現状というのは過去の行動によって決まってきます。

過去の行動によって今があるのは間違い無いでしょう。

しかしその時その瞬間に何が起きるのかは誰にも分からないのです。

長い目で見れば良い流れ悪い流れというのはありますが、ちょっとした出来事や今日何が起きるのかというのは分からないのです。

ですから起きている出来事に対して毎回毎回過剰に反応して、その出来事には意味があると考えてしまうと疲れてしまいますので今すぐにやめましょう。

良い事も悪い事も起きるのは当たり前です。

そんな出来事に対してあれこれ考えるよりも、今後自分が何をしてどんな自分になっていきたいのかを考えましょう。

そのほうがよっぽど有意義な時間を過ごす事が出来るでしょう。

過去や未来についてあれこれ考えるのは人間の特性です。

その過去や未来の関係性を考えられるのは人間の能力と言えるでしょう。

しかしそればかりに気を取られてはいけません。

とにかく自分が今何をしたいのか、何をすべきなのかを考えましょう。

落ち込んでいる暇はありません。

そんなことをするよりも今を精一杯生きましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心理学

    何事もバランスが大切。バランスよく生きることで悩みは減る

    何事もバランスが大切です。どんなことも極端になってしまったらそ…

  2. 心理学

    やりたい事がたくさんあってどれも中途半端になっちゃうんだけどどうすればいい?

    答え:やりたいことなんていっぱいあるものだし、一つに絞らなくても良い。…

  3. 心理学

    無駄だと思うことを無理にやる必要はない。自分が無駄だと思えばそれは無駄

    自分の中で無駄だと思うことを行う必要はありません。自分が無駄だ…

  4. 心理学

    怒られて嫌になっても気にしなくていい。失敗があるから成長するのだから。

    人間誰しも失敗をしたりミスをしたりするものです。自分のせいじゃ…

  5. 人生哲学

    理性(思考)と本能(心)は違うことを考えている。悩みは理性と本能の違いで生まれる

    「そんなの気持ちの問題だから気にしなくていい」「お前はやる気…

  6. 心理学

    何をやっても楽しくない理由と原因について【なぜ楽しめないのか】

    この記事の動画はこちら「最近楽しいことがないな」…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP