目標を持って日々実行することも良いが、新しいことに挑戦することで人生は充実したものになる

日々自分の目標を持って行動することはとても大切なことだと思う。

何も目標がなくボーッと過ごすよりも、目標があってその目標に向かって日々精進することは刺激的な生活にしてくれるだろう。

ただそれはそれでその目標にとらわれてしまい、自由がなくなってしまうことにもなる。

「自分はこの目標を達成するまで絶対に諦めない」

その心意気は素晴らしいことだ。

しかしその目標によって、

「絶対に目標達成しないといけない」という制約を自分に課すことにもなる。

その目標を中心に生きていくことになるということだ。

本当にその目標を達成することによって自分が幸せになると思うのならそれでも良い。

しかしその目標を達成しても幸せになれないと思うのなら、それだけのために人生を使い続けるのは得策とは言えないだろう。

じゃあどうすれば良いのかというと、

日々の生活自体をより良いものにしていくことはとても充実した人生になるのではないだろうか。

「達成された結果」を求めるよりも、

「達成されるまでの過程」を重視した方が人生はより豊かに感じるだろう。

そのために必要なことは、

「日々新しいことに挑戦する」ということだ。

どんなに自分が納得した生活を手に入れたとしても、

「毎日が同じことの繰り返し」では良い人生とは言えないだろう。

人間というのは成長することへの欲求というものを持っている。

その成長の為にも、新しいことへ挑戦し続けるというのは自分の人生を豊かにして、より良い人生を作ることが出来るだろう。

その方が結果的に自分の価値観を広げることが出来るので、より目標達成につながることもある。

そもそも自分の今持っている目標というのは、自分の価値観が変わったり、環境が変わることによって目標自体が変わっていくこともある。

もっと目指したいと思う目標が見つかるかも知れない。

自分の成長の為にも、より良い人生を作る為にも、目標達成の為にも、新しいことに挑戦するというのは本当に大切なことなのだなと私は痛感しました。

ぜひ参考にしてみてください。

私個人的な話

私自身、一つのことを極めることが何よりも大切なことであり、最も人生において重要なことだと思っていた。

しかし、そうやって一つのことに打ち込むことによって視野が狭くなり、どんどん自分を追い込むことになっていった。

確かに一つのことに真剣に打ち込むというのは素晴らしいこと。

だが、一つのことばかりになっていくと、それだけそのものに執着するようになり、自分自身が苦しむような生活へと変わっていった。

最初は楽しんでやっていたことでも、それが執着へと変わると突然楽しさがなくなり、苦しくなっていく。

私自身が性格的に一つのことを極めることに向いていないということもあるが、それ以上に自分の価値観が狭まっていくことを強く感じた。

だからこそ、私はこれからは自分自身のことを俯瞰してみて、どんどん新しいことへ挑戦しようと思った。

新しいことに挑戦したとしても、それが何の役に立つのかなんて分からない。

けれど、新しいことに挑戦することで自分の価値観が広まり、確実に成長へと繋がることは体感として感じている。

私にとってはそれだけで十分だ。

だからこそ、一つの目標に向かって努力することも大切なのだが、それだけではなく新しいことに挑戦して、自分のスキルや自分の知識や経験、そして自分の価値観を広げていこいうと思う。

スポンサーリンク