スピリチュアル

占いは本当に当たるの?占いが当たる理由とは。

「占いなんて本当に当たるの?」

「占いなんて迷信じゃないの?」

「みんなが当てはまるようなことを言っているだけじゃないの?」

そうやって占いに対して否定的というか半信半疑なところがあると思います。

今回は占いは本当に当たるのか。そして占いが当たる仕組みについてお話ししたいと思います。

占いなんて本当に当たるの?

占いなんて本当に当たるの?と疑問に思っている人は多いと思います。

それは占いの仕組みを知らなければ当然の疑問です。

結論から言えば占いは当たります。

何故なら占いは「統計学」によって作られたものだからです。

統計学ってなに?

統計学というのは、

今までたくさんの事例だったり、経験によって集めたデータによって統計を取ったものです。

よく勘違いされるのが、占いはスピリチュアルと混合してしまっている人がいますが、占いはスピリチュアルではありません。

スピリチュアル占い、オーラ診断、霊視というような感覚に頼った占いはスピリチュアルですが、

  • 手相占い
  • 占星術
  • 姓名判断
  • 人相占い

というような感覚ではなくデータによって占うものは全て統計学です。

統計学は当たるの?

じゃあ統計学がどれくらい当たるのかというと、私個人の意見では70%当たるくらいに思っておくとベストなのかなと思います。

やはり統計学というのは何千、何万というデータをもとに作られているものが多いですから、結構正確なデータであることが多いです。

結構な確率で当たります。

しかしそれはあくまでも統計であって、全ての人に当てはまるというものではありません。

ある程度パターンみたいなものは存在しますが、それは確実なものではないのです。

ですから統計学は70〜80%当たるくらいに思っておくと良いでしょう。

最後に

「占いは信じない」という人がいますが、それはもったいないことです。

確かに「スピリチュアルは信じない」という人は理解出来ますし、それもかなりもったいないと思うのですが、占いは言ってしまえば「科学」で出来ています。

今まで蓄積したデータで作られている訳ですからスピリチュアルではなく科学です。

スピリチュアルと占いを一括りにするのはちょっと違うのかなと個人的には思っています。

占いとスピリチュアルは似て非なるものなのです。

占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉がありますが、それくらいの気持ちでいると占いはとても良いものになるのではないでしょうか。

占いを盲信してただ全てを受け入れるのでは自分の人生が変な方向へと向かって行く可能性があります。

逆に完全に信じないと思ってしまうと、自分自身の可能性が失われてしまいます。

知らないことを受け入れて新しい自分を見つけることが出来なくなってしまう可能性があるのです。

ですので、

「占いは統計学で出来ていて、70%当たる」

これを頭に入れておいて欲しいと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スピリチュアル

    チャネリングのやり方と練習方法とは。正しい方法と注意点

    チャネリングという言葉を聞いたことがない人は意外と多いのではないかと…

  2. スピリチュアル

    スピリチュアルは一つの学問であって胡散臭いものではない。人生に取り入れることで豊かになる

    スピリチュアルな分野というのはどうしても怪しいというイメージを持たれが…

  3. スピリチュアル

    なぜカウンセリングはそんなに料金が高いのか。カウンセラーはぼったくりなのか。

    カウンセリングを受けたいと思っても、そのカウンセリング代が高くて受ける…

こんな記事もどうぞ

PAGE TOP