スポンサーリンク

会社の中や学校内などのコミュニティの中で生活していれば、自分が一方的に悪い噂を流されたり、あることないことを面白おかしく噂を流される事があるかもしれません。

人間関係があれば必ず噂だったり陰口などはあるでしょう。

一方的に悪いわけではないわけではないのに、自分ばかり悪く言われると腹が立ったり悔しい気持ちになるでしょう。

そんな風に自分に降りかかってしまった悪い噂が流れてしまった時に自分に出来ること、心構えと対処法についてお話ししていきます。

悪い噂は話が大きくなって広まっていく

事実の話だったとしても全くの嘘だったとしても、悪い噂を流されてしまったらたちまち噂が広がっていきます。

それは嘘だったとしても印象が強かったり予想外の噂であればあるほど、そして悪い噂であればあるほど速いスピードで広がっていきます。

どんどん広がっていくにつれて、話は尾びれ背びれがついて大きくなっていき、最終的には最初に流れていた噂話とは全く違う噂に変わっていくこともあります。

人間は話を盛り上げたいと思う人が多く、話を大きくしてしまうこと、盛ってしまうことがよくありますしそれが人間の心理というものでしょう。

最初はそこまで大きな話ではなくても、広がるにつれて話が変わっていきます。

噂話というのは、有る事無い事言われたり尾びれ背びれが付いて話が広がっていくものです。

そうやって人から人へと広がっていくことで、もともとあることだったものでも実際には起きていないことまで噂にされてしまいます。

それは辛いことですがみんなそれだけ人のことに興味があるということですし、噂話や悪い話が好きなのです。

悪い噂を流されてしまった時に自分がやるべきこと

そんな風にたくさんの人に自分の悪い噂を流されてしまうと弁解したくなりますし、誤解を解きたいという気持ちになるのは当然のことでしょう。

しかし一度広まってしまったものをどんなに弁解しようとなかなか覆すことは出来ません。

悪い噂というのは広まるのがとても早く影響力が強いです。

良い話というのはなかなか広まりませんが悪い噂はすぐに広まります。

それほどみんな人の不幸話や悪い話というのが大好きだという事です。

ですから一度広まってしまった時に自分がやるべき行動は、黙ってその場を耐えることをお勧めします。

変に弁解したとしても後から付け加えた話など誰も信じませんし、本当のことだとしても言い訳になってしまうのがオチです。

あなたを信用してくれている人は、あなたの意見を信用してくれるでしょうが、噂話をする人はほとんどの場合が自分とはあまり関わりのないような人です。

あなたと仲が良い人なら直接聞いてくるわけですから、わざわざ噂話をすることはないでしょう。

ですから一度流れてしまった噂を消すことは難しいわけですから、あなたに出来ることは変に噂話を塗り替えようとせずに耐えるようにしましょう。

「人の噂は七十五日」

と言われるように、自然と噂話というのは時間が解決してくれます。

あれこれ言わずに黙って耐えていれば、噂話というのは自然と人の記憶からなくなっていきます。

変に話をこじらせることをせずに静かに黙っていれば、その方が早くその噂も無くなっていくので、

「何も語らない」というのが得策でしょう。

結局噂話をしていたとしても、自分が思っているよりも他人はあなたに興味がありません。

話のネタとして単純に話しているだけなのです。

あなたが何をしていようと別にその噂話をしている人には全く関係がないのです。

周りの人はそこまであなたに興味はない

噂話というのはその場ではとても盛り上がり、今まであなたに興味がなかった人もあなたの話をするでしょう。

しかしそれは本当に一瞬で終わるものです。

実際その場では面白おかしく話してはいますが、そこまで他人に興味があるわけではないのです。

話のネタとして話題にあげているだけです。

野次馬みたいなものなのです。

ですから時が経てばまた普通の生活へと戻っていきます。

そしてその噂話なんてなかったかのようになくなっていくものです。

本当に盛り上がりというのは一瞬で終わるので、いちいち弁解しなくても自然となくなっていくので、全く気にする必要はないでしょう。

その場は耐え凌いでしまえばそれで良いのです。

反論して噂を流したら噂話をしている人と同じことをしていることになる

いくら悪い噂を流されて悔しい気持ちになったとしても、相手を嘘つき呼ばわりしたり、同じように裏で噂話をしていたとしたらそれはやられたことと同じことをしていることになってしまいます。

仮に自分が完全に悪くなくても、やられたからといって同じように噂話を流してしまったら、同じことの繰り返しになってしまってどんどんドツボにはまってしまいます。

どんなに悔しくても自分は黙って耐えることをしましょう。

そのようにドンとした態度と気持ちで構えていればわかってくれる人は必ずわかってくれます。

その堂々とした態度が後になって真相を明らかにしてくれる事にもなるのです。

変に言い訳をしたりするよりも、自分が悪いことをしていないのであれば必ずなるべき結果になるでしょう。

親しい人に理解されていればそれで十分

周りの人がどんなに騒ぎ立てたとしても、その人たちは普段からずっと仲良くしているわけではない人も多いでしょうし、噂話をしている人なんてほとんどそこまで接点がない人たちばかりだと思います。

普段話してもいないのに悪い噂の時というのは、同じように悪く言ったり広めたりする人が出てくるものです。

それはとても悔しい気持ちにはなりますが、そんな普段関わっていない人に、本当のことを理解してもいないのに自分の悪い噂を流すような人たちの言うことを気にする必要は全くありません。

そんな野次馬の話を気にする必要はありません。

本当に大切なのは、自分のことを信用してくれる人たちが分かってくれればそれで良いのです。

普段から仲の良い人や親友、そして家族のような自分の近い存在の人が本当に理解してくれていればそれだけで十分なのです。

その他の多数の人たち全員に理解してもらうことは出来ません。

みんな自分の考えがあって、みんな人それぞれの価値観があるのですから、どんなに頑張っても全員に理解されることはないのです。

みんなに理解されないことを気にするのではなくて、本当に大切な仲間に分かってもらえればそれで十分という気持ちを持ちましょう。

悪い噂に限らず、どんなことでも分かってくれる人は分かってくれるし、分かってくれない人は分かってくれません。

それは当然のことなのです。

あとがき

悪い噂を流されたり、あることないことを自分の知らないところで話が広がっていることはとても悔しい思いをしますし、嫌な思いをするでしょう。

ですがそんなことは生きていれば当然起きてしまうことですし、人間関係がある限りは起きてしまうものなのです。

みんなそれぞれいろんなことを考えていて、意見だってみんな違います。

意見が違うのを悔やむのでは意味がありません。

意見なんてみんな違って良いのです。

だからこそ、自分から遠い人たちの言うことを気にする必要はありませんし結局は他人です。

噂話をしている人ほど自分に近づいてくる人ではありません。

この先仲良くなることは少ない人達でしょうし、だから余計にそんな話に反応する必要もありませんし、目くじらたてることもありません。

言わせておけば良いのです。

本当に噂話というのはブームが終わればそこで終わります。

なんなら全くなかった話になるくらいに人の記憶から消え去っていきます。

そんなものなのです。

結局は他人事です。そんなに長く覚えている人はいませんし、忘れてしまいます。

だからその場は嫌だと思いますが、その場だけ耐え凌げば良いのです。

噂話が流れてしまっている時というのは、凄いスピードで広まっていくので、「この噂が永遠に続くのではないだろうか」と思ってしまいますが、終わってしまうと何事もなかったように元に戻ります。

しかも案外早い段階で消え去っていくものです。

結局はそんなものなのです。

悪い噂を流されたとしても、それに反論するのではなくじっと我慢して時が経つのを待ちましょう。

そうすれば自然とその噂は無くなっていきます。

心を病む必要もイライラすることもしなくて良いです。そうやって気にしたり、自分の心を傷つけるだけ損です。

自分は自分のやるべきことをして、その場を受け流していけば良いでしょう。

そうやってどんと構えていれば分かってくれる人は分かってくれますし、しっかりとあるべき姿に落ち着くでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事