潜在意識

やりたいことが見つからないのには理由がある。やりたいことは自分の気持ちが決めること。

「自分にはやりたいことがない」

「なりたい自分や目標もない」

そういう風に思っている人がいますがそれは本当にやりたいことがないのでしょうか。

今日はやりたいことを見つける方法とその考え方について書きます。

やりたいことが見つからない理由

みんなやりたいことやなりたい自分というのは必ずあります。

ですがなぜやりたいことがないと思っているのかというと、

「やりたいことがあっても自分には無理だと決めつけているから」です。

本当はやりたいことがあるはずなのに「自分には無理だから」と言う理由で、最初から諦めて自分のやりたいことだと思わないようにしているのです。

そんな気持ちでいることに気が付かないまま、やりたいことを探そうとしても見つかりません。

まずはその自分の心のブロックを外して、

「自分には無理」

「こんなことは出来るはずがない」

と言うような現実的なことを考えるのではなくて、やりたいかやりたくないかで考えてみましょう。

自分の心に素直になって探す

自分のやりたいことを探すのに大切なことがあります。

それは自分の心に素直になることです。

自分の心の中でいろんな条件をつけて探そうとします。

自分に出来るか出来ないかと考えるもの自分で条件をつけていることですし、

よくやってしまうのが、やりたいことを職業から探そうとしてしまうことも条件になってしまいます。

やりたいことが仕事の中にはないかもしれません。

自分のやりたいことは、「毎日ゆっくり自分のペースで生きていきたいんだ」ということだとします。

そうなると毎日ゆっくり生きる仕事というのはありません。

なのでその生活を手にするためにはどんな職業に就くのか、それともどんな方法でその生活を手に入れるのかを考えることが大切です。

本当にそれが目標ならどんな方法で手に入れてもいいのです。

例えば、お金持ちの人と結婚して玉の輿、あるいは逆玉の輿になって生きていく。という方法でもいいわけですしスローライフが良ければ、自給自足の生活をするという方法だってあります。

小説家や漫画家、本の執筆を仕事にして自由な時間に仕事をする方法だってあります。

いろんな選択肢があるはずなのにやりたいことはなりたい生活がないというのは、自分の中で無理と考えているか、自分の心に条件をつけすぎていてその条件に当てはまる理想がなくなってしまっているかのどちらかです。

条件を絞ることはいいのですが条件が多すぎて決められず、結局何も行動しないのは何も前に進まなくなってしまいます。

自分の心が踊ることをやる

やりたいこと、なりたい現実を探すのにまず条件を決めるのではなくて本当に現実になったら心が踊るようなことを探しましょう。

理想の現実や本当にやりたいことを探すのに、行動して頑張った先の未来が心踊るものでなければ意味がありません。

条件を探して見つけた答えではなかなか心が躍る未来を探すことは出来ません。

本当に楽しくて理想の世界を想像して、それを手に入れるための行動を見つけていきましょう。

心が踊る生活を書き出してみよう

なりたいもの、やりたいことの条件を探すのではなくて、こうなったら最高に楽しいと思えるもの、心が踊る生活を書き出してみましょう。

例えば、

  • 海を見ながら仕事をしたい。
  • 海の近くに家があって、そこで毎日ゆっくりしながら日焼けがしたい。
  • 家族と一緒にいる時間を大切にしたい。
  • 昼間からお酒を飲みたい。
  • 自分の自由な時間に場所もとらわれずに仕事がしたい。

思いつくことは全て書きましょう。

その書いている時もすでに心が踊っているはずです。

その想像をしているだけで楽しくなるような気持ちで書いていきましょう。

その時に大切なことは、

あれも欲しいしこれも欲しいと考えるのではなくて、

最高の生活をしている時の風景や自分が見ている視点で考えてみてください。

良い家に住んで、高級車に乗って、ブランドバックを持って・・・・

のように、ただ自分のしたいことを書いていくのではなくて、

六本木ヒルズの最上階に住んで、フェラーリに乗って、ヴィトンのハンドバッグを持って、美味しい寿司を食べにいきたい!

のように視覚や体感で感じるような具体的かつ明確にイメージして、その時に持っているものや見ているもの、風景をイメージして書き出してみてください。

そうすることによって、本当に欲しいものといらないものが明確になります。

心躍ることは人それぞれ全然違う

心躍るものを書き出してみようと思っても、全然見つからない人もいるでしょう。

「自分にはそんな楽しいと思えることはないのではないか」と思ってしまうでしょうが、そんなことはありません。

みんな何かしら楽しいことはあります。

「私は遊ぶのが苦手」と言う人でも楽しいことはあります。

「ずっと本を読んでいたい」という現実に心躍る人もいます。

研究することが好きという人もいます。

心躍ることなんて人それぞれです。

自分が心躍ることを考えれば良いのです。

心が疲れていたら心躍ることも見つからない

心躍ることを見つけようと思っても、どうしても心踊らない時があります。

それは現状がとても辛い状況であったり、疲れてしまっている時というのはどんなに考えても心躍ることなんて見つかりません。

何をしても全然心踊らないという人は、心が疲れてしまっているかもしれないのです。

そういう場合は、まずは心の疲れを回復させる必要があるのです。

楽に生きられる環境を作ろう

毎日の習慣というのは何よりも大切です。

毎日の習慣を繰り返しているだけで疲れ切ってしまっているのなら、まずはその環境を変える必要があるのです。

日々の生活で疲れてしまったら心躍ることも見つかりません。

どうしてもやりたいことが見つからなくて困っているのなら、まずは今の悩んでいることや環境を変えて、自分が楽に生きられる環境を作ることから始めることをお勧めします。

あとがき

やりたいことが見つからないと思っている人でも、心踊ること、理想の生活、最高の自分をイメージしてくださいと言われれば、いろいろ書き出せるはずです。

それが本当にやりたいことということです。

あれこれ考えているとなかなか見つかりませんが、

心踊ることを探すだけなら出来るのです。

まず、その心踊ることを見つけて、それを手に入れるためにはどんな方法と行動をすればいいのかを後で考えていけばいいのです。

条件を考えるのではなくて最高の現実をイメージして、最高の現実を手に入れるような行動をしてみてください。

LINE公式アカウントはこちら

月に4回の配信を行なっております。

無料相談を受け付けていますので、是非ご登録お願いいたします。

友だち追加

  • この記事を書いた人

ヨシタカ

名前 ヨシタカ(yocitaka) ・スピリチュアリスト このブログは、 幸せになるための方法を中心としたテーマで書かれています。 サブテーマとして、 ・スピリチュアル ・人生哲学 ・自己啓発 が主なテーマでブログを書いています。

-潜在意識

Copyright© ヨシタカブログ〜人生の本質の教科書〜 , 2020 All Rights Reserved.