心理学

やる気が湧いてこない理由はやりたい事がないから。「やる気」は何かをやりたいと思うから出るものである。

「やる気が出ない」

「どうしても頑張れない」

そんな風に感じてしまう最大の原因は、

「やりたい事がないから」という理由である事がとても多いです。

「やる気」というのは、

何かをやりたいと思う気持ちです。

そう考えれば、やりたい事がなければやる気なんて起きません。

もちろん疲れやストレスでやりたいけどやれないという理由もありますが、ここではそういう話ではなく、「やる気」という気持ちそのものの話をしていきたいと思います。

人は欲求があるから行動する

人は欲求があるからこそ行動します。

  • 眠たいから寝る
  • お腹が空いたからご飯を食べる
  • 暇だからゲームをする
  • お金を稼ぎたいから仕事をする
  • 寂しいから友達に電話をする
  • 疲れたから休む

自覚があるかないかは別として、何かしらを求めているからこそ何かしらの行動をするのです。

何か不満があるからその不満を解消する為に行動しているという事なのです。

何もやりたくないなら何もしないのです。

「やる気」というのは、「その何かを求める欲求がどれだけ強いのか」と言い換えることも出来るでしょう。

やる気がないと思っているのは、

「やりたい事がない」もしくは、「そこまでやりたいと思っていない」と言っても良いでしょう。

「お金欲しいな〜」と思っても、いざ頑張ろうと思ったらやる気が出ないという事は多々あるはずです。

どうしてそういう事が起こってしまうのかというと、

「そんなお金稼ぐ事のために何かを頑張るのは嫌だな」と思っているからやる気が出ないのです。

考え方を変えて、

「100万円を稼ぐのにパチンコの台に8時間座るだけ」だったらどうでしょうか。

やりたい人はやるはずです。

頑張ってやるはずです。

とてもやる気に満ち溢れるはずです。

「そんなことをやるだけで100万円稼げるのなら是非やりたい」と、心からやりたいと思うでしょう。

それは楽をしてお金を稼ぎたいという欲求を叶えることが出来るからです。

自分が望んでいたものが手に入ると思ったら誰でもやる気になるということなのです。

なのでやる気が湧かないなんて生まれつきでもなく、自分が疲れているからでもありません。

本当に欲しているものがないからやる気が湧かないのです。

やる気の正体はやりたい気持ちの強さということ

やる気やる気と言うとなんとなくフワッとしてしまいますが、

やる気の正体は、「やりたいと思う気持ちの強さ」です。

やる気がある人は、本当にやりたいと思っているのです。

部活にやる気を出している人は授業はテキトーに受けている人は多いでしょう。

バイトを頑張っている人は、部活なんてやる気が起きないでしょう。

ですから「本質的にやる気がある人」、「あの人はやる気がある」と言う人はいないと言うことなのです。

「部活だったらやる気がある人」

「授業だったらやる気がある人」

「部活だったらやる気のある人」

そうやって、何か自分の欲求を満たしてくれるものがあるものに人はやる気を出すことが出来ると言うことなのです。

その気持ちの強さによってやる気が決まると言うことです。

やる気が出ないと思っているのなら新しいことに挑戦してみることから始める

どうしてもやる気が出ないと思っているのなら、それは自分がやる気の出ることを知らない可能性があります。

例えば、「何かに打ち込みたい」と言う欲求があるけれど、その何かが分からないと言う人もいるでしょう。

そう言う人は、今までやった事のないことに挑戦することで解消される可能性があるのです。

陶芸に挑戦してみると、とても面白くてこれなら打ち込めると思うかもしれません。

「異性にモテたい」と言う欲求があるのなら、何かしらの習い事を始めるのも良いかもしれません。

男性であれば料理教室に通ってみて、出会いを見つけたりモテる努力をするのも良いでしょう。

本当に自分が欲している欲求を満たすことを見つけるためには、新しいことを始めなければ分からないこともあるのです。

本当にやる気を出したいと思うのなら価値観を変えることをお勧めする

それでもやる気が出なくて困っていて、やる気を出したいと思うのなら価値観を変えることをお勧めします。

先ほども話したように、

「楽をしてお金を稼げるのならやる気が出る」と思っているのなら、それ自体が間違っている可能性があります。

モテたいけど人と関わるのが苦手で、ありのままの自分を愛してくれる人と出会いたいと思っているにも関わらず、毎日家に引きこもっていると言うような価値観を持ってしまっていてはいつまで経ってもやる気なんて出ないでしょう。

そうは言ってもやりたくないのだから仕方ないと思うのならちょっとの勇気を出すだけでも大きく変化します。

例えば、

モテたいけど外から出たくないと言う人は、

今だったらマッチングアプリに登録してみたり、絵を描いてそれをSNSに投稿することでファンになってくれる人がいて、そこから出会いが見つかったりする可能性だってあります。

やり方はいくらでもあるのだから自分が、

「それだったらちょっとやってみてもいいかな」と思えることから始めれば良いのです。

出会いがないからいきなり街コンに参加すると言うのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、マッチングアプリに登録するくらいなら出来ると思うのならそれから始めれば良いのです。

そうやって少しづつでも良いから価値観を変えて、一歩自分の領域から外に出ることでやる気が出るようになっていくのです。

結論:やる気はやりたいと言う気持ちの強さで決まる

やる気と言うのは、何かをやりたいと言う気持ちの強さです。

やりたいと言う気持ちを強くすることが出来ればやる気が湧いてくるのです。

やる気が湧かないのなら、

自分にでも出来そうだと思うことを始めてみて、そこで目的が達成出来たらいいなと言う気持ちを持つことが出来ればやる気は湧いてきます。

恋愛で言えば、合コンの前のような状態です。

良い人と出会って、そこで交際出来たらいいなと思えたらワクワクしてくるはずです。

楽しみになってくるはずです。

それがやる気です。

そうやって自分のやる気が出るように色々挑戦してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-心理学

Copyright© ヨシタカブログー吉岡貴紀公式ブログー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.