良い環境とは、そのまま身をおいていれば自分の望みが叶う環境の事を言う。

良い環境を作ることが自分の未来が良いものになるでしょう。

人は環境によって成長出来ます。

良くも悪くも環境によってどんな自分になるかが決まってきます。

どうしても人は周りの環境の影響を受けてしまいますから、良い環境に身を置けば良い人間へと変わっていきますし、悪い環境に自分を置けば悪い自分へと変わっていくでしょう。

しかしその、良い環境や悪い環境というのはどんな環境なのか分からないという人もいるでしょう。

なので今回は良い環境の特徴についてお話ししたいと思います。

良い環境とはその環境にいれば自分の望む自分になれる環境の事を言う

良い環境とは、その環境に身を置いていれば自分が望む自分になれる環境の事を言います。

あるいは、その環境に自分がなりたいような人が近くにいる環境が良い環境と言えます。

自分がこんな人になりたいと思う人が近くにいれば、どうすればそんな風に変われるのかが分かりますし、その人に相談することができます。

なので、かなり理想の自分へと近づく事が出来るのです。

それは自分にとってとても良い環境と言えるでしょう。

それ以外にも、その環境に身を置いてれば自分の望む未来が叶う環境はとても良い環境です。

その環境にいれば良い方向へと進むというのは、流れが良いとも言えます。

何故なら、特に逆らわずに今の状況にいるだけで未来は良いものになるわけですから、無理をしたり何かを変えなくても良いという事です。

それはとても楽な状態とも言えますし、流れが良い状態と言えるでしょう。

流れが良い状態というのは良い環境です。

なのでそれは良い環境と言えるのです。

なぜ自分の望みが叶う環境が良い環境と言えるのか

良い環境というのは自分の望みが叶う環境の事を言います。

例えば自分が、安定した生活がしたいと思っていたとします。

そんな望みがあるにも関わらず、今現在がプロスポーツ選手だとします。

そのままプロスポーツ選手を続けていても「安定した生活」は手に入らないでしょう。

なのでそれは悪い環境だと言えます。

逆に、大企業へと就職していたとしたらそれは良い環境です。

なぜなら安定しているからです。

一見すると、プロスポーツ選手の方が良いと思えるかも知れませんが、自分の望みが叶わないとするのなら客観的に良い環境と言われても、自分にとっては良い環境ではなくなってしまうのです。

ですので、良い環境というのは自分の望みが叶う環境の事を言うのです。

自己成長に繋がる環境も良い環境と言える

他にも良い環境があるとすれば、自己成長に繋がる環境も良い環境と言えます。

しかしただ自己成長に繋がるだけではあまり意味がありません。

その自己成長も、自分が望む未来が手に入れるために必要な成長である事が大切です。

ただただ自己成長に繋がるから今は悪い環境ではないと思うのは、得策ではありません。

しっかりとその点を見極めて環境を選ぶ必要があるでしょう。

良い環境の定義とは

良い環境や悪い環境というものを明確に答えを出したい気持ちはあるでしょう。

しかし良いとか悪いとかというのは、自分のさじ加減であって明確な答えはありません。

良いや悪いというのは自分の感覚でしかないからです。

なので良い環境を定義することは出来ませんが、一つ定義するとしたら「そのままいれば自分の望みが叶う環境」というのは自分にとって良い環境だと言えるでしょう。

もし今の自分に不満があったり、今の置かれている環境に不満があるのだとしたら、その環境にいれば自分の目指す自分になれるかどうかで決めましょう。

それが最終的に自分にとって良い環境となるでしょう。

スポンサーリンク