スポンサーリンク

人生には良い時もあれば悪い時もあります。

それは気持ちの変化もありますし環境の変化もありますし、時代の変化も体調の変化もあるのですから良い時も悪い時もあって当然です。

人間にはバイオリズムがあるのでずっと良いことも、そして悪いことも続かないのです。

良い時もあれば悪い時もあります。

そのように何度もいろんなことを体験していくことで人は成長していくのです。

人生は山あり谷あり

人生、生きていればいろんなことがあります。

どんなに良い行いをしていても悪いことは起きますし、悪い時にも良いことは起きます。

世の中いろんなことが起きていろんな因果が存在しているのだから、自分にも良いことも悪いことも起きて当然です。

自分ばかりなんで悪いことが続くのだろうか」

「なんで苦しい生活が続くのだろうか」

そんな風に思うことがあるかもしれませんが、それはあなただけではありませんしずっと悪い事が続くわけでもありません。

なぜなら、「人は失敗を重ねて成長していくものだから」です。

良い時は良い時なりの行動をしているのでそれ相応の結果が待っています。

逆に悪い時は悪い時なりの行動をしているのでそれを相応の結果が待っているのです。

良い時の行動が良い結果を生むかどうかは分かりませんし、悪い時にする行動が全て悪いということではありません。

良いとか悪いとかは別として、良い時と悪い時というのは行動が違いますし、そうやって自分の状況によって人は今の現状によって行動が変わってきます。

ですから、良くなったり悪くなったりするのは当然のことなのです。

人生は山あり谷ありです。

そうやって色んな事が起きて、そして歳をとっていくものなのです。

今の自分が未来を作る

今の現状が苦しいのは、自分がそういった現実になってしまう原因を過去の自分が作り出したから今の現状になっているのです。

過去の自分の行いが悪かったから今の状況になっているのです。

しかし誰も未来が悪いものになりたくて行動しているわけではありませんから、仕方ないことではあります。

しかし自分の行いによって結果的に悪い状況になっていることは認めなければいけません。

しかしだからと言って今の状況が未来永劫ずっとそれが続くわけではありません。

過去の自分はまだ経験がまだ少なくて、今の現状になるとは想像していなかったかもしれませんが、今の自分はたくさんの経験をして成長しています。

環境も状況も違うわけですから全く同じ結果がずっと続くわけではないのです。

今の自分は過去の自分とは違うのです。

ということは、今やっている行動が過去の自分とは違うのであれば、未来もまた違う今の現状とは違う未来になるということになります。

だったらずっと同じ結果がやってくるわけではないということになるのです。

この世で起きる現象や起きる物事というのは全て時間差でやってくるのです。

行動を変えたからといってすぐに現実が変わるわけではないのです。

頑張って現状を変えたとしてもなかなか結果が出なくて、この現実が永遠に続くのではないかと不安になることがあるかもしれませんがそんなことはありません。

今の行動が確実に未来の自分を作っているのです。

諦めずに腐らずに努力し続けることで、未来を切り開くことが出来ます。

諦めずにひたむきに行動し続ける事が重要になってくるのです。

どんな天才でもスランプはある

人生良い時もあれば悪い時もあるという話をずっとしてきましたが、どうして良い時も悪い時もあると言っているのかというとその理由は、

良い時の行動と悪い時の行動、現状によって人は行動も考え方も変化するからです。

その行為自体は悪いことではありませんし、常にみんな良かれと思って必死に全力で生きているものです。

その結果、悪い結果になったり良い結果になったりしているのです。

ある意味それだけなのです。

常に良かれと思ってやっているのですが、それでもうまくいかない時もありますしうまくいく時もあります。

時には自暴自棄になることもあるでしょう。

しかしそれも仕方ないといえば仕方のないことなのです。

だって常に良くなりたいという気持ちを持って行動した結果そうなってしまったわけですから。

人はそうやっていろんなことを経験して成長していくということなのです。

どんなに天才でも良い時もあれば悪い時もあるのです。

スランプだってありますしどうしようもならなくて辛くて投げ出したい時もあるでしょう。

ですが、そんな時でも腐らずに必死に努力したり、また良くなるための行動をしていれば、自然と良くなる時がやってきます。

それは自分ではどうにもならないこともあるのです。

人間はそうやって変化しながら成長しているのですから、悪いことがあって当然ですしそれがあるから人はまた成長して、良い時が待っているのです。

そうやって良くなったり悪くなったりを繰り返しながらどんどん大きく成長していくものなのです。

悩むことを恐れずに、とことん悩めばいい

悪い時が続くとどうしてもネガティブになり投げ出したくなることもあるでしょう。

しかし投げ出してしまうのは良くありません。悪い時に投げ出してしまうといつまで経っても良くなっていかなくなってしまいます。

辛い時期だからこそ前向きに頑張って立ち向かっていくことでまた一つ成長し、良い時が来る日が近づいていくのです。

ネガティブになったり悩むこと自体は全然悪いことではありません。

悩むことは良くなるために考えているということなのですから悪いことではありません。

悪いままで良いと思うのなら誰も何も考えませんから。

だからこそ悩んだり迷ったり、ネガティブになることは全然良いのです。

しかしやってはいけないのは、ネガティブをネガティブのまま終わらせてしまうことです。

悩み続けているとだんだん答えというものが見つかっていくものです。

というよりも色々試したり考えたりしてみても答えなんて見つからないし、うまくいかないのは仕方ないからあとはやるしかないという風に、考え方が単純になっていくのです。

悩んでいるうちに自然と開き直る時がやってくるのです。

そうなった時に人は大きな成長を遂げるのです。

そういう時に人は悪い状況から抜け出す事が出来るのです。

人は常に変化し、成長しているのです。

悩むこともまた成長のためには必要なことなのです。

悩むことを恐れる必要はありません。

とことん悩んで、最終的に前向きに行動する事が出来れば良いのです。

あとがき

人生というのはいろんなことが起きますし、いろんな事があるのでずっと変化のない人生というのはありません。

時が経てば人は変化して歳をとっていきます。

歳をとるということはそれだけ変化しているわけですし考え方も状況も全て変化しているはずです。

そんな風に変化しているのですから良い時も悪い時もあって当然なのです。

10代では、結婚のことで悩むことはないけれど、

30代になれば、早く結婚しなくてはいけないと悩んだり、

20代では、仕事をどうしようかと悩んでいたものが、

50代では、老後の心配を始めたりします。

そうやって色んなことが変化することはごく自然なことなのです。

変化をしているのだから悩むのは当然です。

今の状況というのは常に初めての体験ですし常に人間は初心者です。

20歳の自分は初めて体験しますし、40歳になれば40歳の自分は初心者です。

そうやって常に変化しているからこそ、自分が何をすべきなのかがわからないのは仕方のないことです。

しかしやっていくにつれてだんだんと馴染んできたり体験して勉強していくことでわかってくるのです。

自分では気付きにくいものですが、常に変化していることを自覚しなければいけません。

変化をしているのだから分からないことがあるのは当然ですし、良いことも悪いことも今の状態というのは続かないのも当然のことです。

いつの間にか変化しているものですし変化は絶対するものですから、変化を恐れる必要はありません。

全ては成長なのです。

常に人は前へ進んでいるのです。

悪いことがあってもそれが続いたとしても、落ち込む必要はありません。

全ては変化しますし成長するためには必要不可欠なことなのです。

同じ現状はずっとは続きません。

悪いことが続いても腐らずに一生懸命立ち向かっていきましょう。

私たちに出来ることは自分に出来ることを精一杯やることくらいなのですから。

スポンサーリンク
おすすめの記事