自分の予想外の事は起こり得る。イメージに限界を作るのはやめよう

自分の中で色々イメージを巡らせてあれこれ考える事はあるでしょう。

しかしどんなにイメージしたところで、そのイメージ通りの事が起きるかと言われるとそれは分かりません。

もっと言えば、

イメージしたことよりもはるかに良い事が起こることもあるかも知れないのです。

イメージしたことしか起きないかというとそんな事はなく、

イメージしていない想定外の出来事は起こり得るのです。

今まで全ての出来事が想像通りに起きているかというとそんな事はないはずです。

良いことも悪いことも想像以上の出来事は起きているはずです。

自分にとって最高だと思っているイメージがあったとしてもそれ以上に最高の出来事というのは存在します。

人生というのは何が起こるか分かりませんから、自分の思っているイメージが最高だと思い込むのはもったいない事です。

自分の想像をはるかに凌駕する出来事は起こり得るのです。

ですから、

「自分の未来はこうである」という固定観念や決めつけは自分の可能性を狭めることになります。

あれこれ悩んだり未来を想像して不安になるよりも自分の可能性を信じて、常に何が起きても良いように準備をしておく事が大切です。

人生は何が起こるか分からないのです。

常に、

「何か起こるかも知れない」

「すごい事が起きるかも知れない」

そう思って生活しておく事で本当にそういった出来事を引き寄せる事が出来ますし、何か起きた時に対処することが出来るでしょう。

引き寄せの法則というのは、

スピリチュアルなことでもなんでもなく、幻想でもなく現実に存在します。

人間というのは自分の興味のあるものや自分に必要なものを優先的に見るようになっています。

逆に言えば興味のないものは見えないようになっているのです。

ですから、

「良いことが起きるかも知れない」

「予想外のことが起きるかも知れない」

そう思っていると自然とそういったものを無意識でキャッチするようになるのです。

予想外のことを起こすための注意点としては、

やはりある程度予想外の出来事が起きるための行動、種まきというのは必要となります。

その種まきをするには、

予想外の出来事が起きると思っていると自然とそういうことが起きるような行動をし始めるのです。

それが引き寄せの法則の原理です。

なので自分の限界を決めたり、そんなすごいことなんて起こるわけがないというように思い込むのはもったいないです。

常に何かアンテナを立てて生活しておくことで、本当に想像の範囲外の事を引き寄せられる可能性が出てくるのです。

ぜひ参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク