夢や目標を目指すことは辛くて当たり前。乗り越えてこそ夢を叶えられる

夢を目指すことは辛くて当たり前です。

今まで全く出来なかったことを出来るようにならなくてはいけないのですから。

出来なかったことを出来るようになるには相当努力が必要です。

すぐにうまくいかないでしょう。

出来ることをやるのは人はそんなに大変ではありません。

もう慣れてきた作業なんかは何も考えなくても出来るでしょう。

しかし出来ないことをやるのは別です。

常に集中して本気で向き合ってそれでもうまくいかないものです。

そんな本気で向き合っていくのをずっと続けていくことは本当に楽なことではない。

夢を追うというのは、夢を追う状態が続いている以上はずっと苦しいものです。

先が見えないのに頑張り続けることは苦しい

夢に向かって進んでいってもいつ結果が出るのか。

いつ花開くのか。

いつ夢が叶うのかなんてわからない。

その状態で続けていくのは本当に辛いこと。

こんな苦しいことをいつまで続けていけば良いのだろうか。

一体いつになったら楽になるのだろうか。

本当に夢なんて叶うのだろうか。

こんなに苦しいのならやめてしまった方がいい。

そう思うこともあるでしょう。

ゴールが見えない。

先の見えないトンネルの中にいるような気分になってしまいます。

それだけ夢を追いかけるというのは苦しいことなのです。

夢に向かっていかなければ夢は叶いません。

夢を叶えるには、

それだけ苦しい時期を乗り越えて叶えていくのです。

夢を追うという中途半端な状態は辛い

夢を追っている状態というのは宙ぶらりんな状態です。

普通に仕事をしていたとしても、

その仕事は二の次で夢を追いかけることに力を注いでいるでしょう。

本気で夢を追いかけるのだとしたら、仕事をしないで貯金を切り崩して夢に向かっている人もいるでしょう。

それくらい本気でやらないと夢はなかなか叶えることはできません。

夢を叶えるまでは落ち着くことはありません。

夢を叶えるしか楽になる方法はないのです。

その状態でいることの苦しさはとても大きいです。

もう諦めてしまった方が楽なのではないかと思ってしまいます。

しかしその宙ぶらりんの時期はみんな経験しているのです。

夢を追いかけるには一度は修行の時期が必要なのです。

その時期を乗り越えて夢を叶えていくのです。

その辛さを乗り越えてこそ夢を現実にすることが出来る

夢を乗り越える為に師匠がいたり、どんな道を辿れば夢を叶えることが出来るのかが分かっていれば多少は楽になるでしょう。

仮に師匠がいたとしても、自分が師匠のようになれるかは別です。

ですから結局夢を叶えるには、未知なる領域に挑戦しなければならないということなのです。

その、「自分には出来ないかもしれない」

というような先の見えないものに自分の人生を費やすのはとても辛いものです。

だからこそ夢を叶えるのは辛いのです。

しかし、本当に夢を現実にしたいと思うのならその未知なる領域に挑戦する恐怖や苦悩と戦い、乗り越えていく必要があるのです。

逆に言えば、その恐怖と苦悩を乗り越えていく事が出来れば夢を叶えることは出来るということなのです。

夢を叶えたいと思うのなら、強い意志を持って苦難を乗り越えていきましょう。

あとがき

夢を追いかけるのは苦しいことです。

それは難しいことにチャレンジするわけですし、自分にできないことをに挑戦するのですから簡単なことではないでしょう。

苦しくて当たり前なのです。

いつになったら目標の場所へ行けるのだろうかとずっと苦痛を味わうのです。

しかし、

それだけ苦しいことを乗り越えた先には最高の達成感と喜びがあるでしょう。

夢を追いかける辛さから解放されるには夢を諦めるか、夢を叶えるしかないのです。

諦めても後悔や罪悪感が残ります。

それが嫌なら叶えるしかありません。

夢を追いかけるってそれだけで華やかに見えますがとても泥臭いものなのです。

夢を叶えた後は、華やかな世界でもそこに向かうまでは苦しくて決して華やかなものではありません。

そんな時期を経て、みんな華やかな世界へ行くことが出来るのです。

その時期は苦しくて当たり前です。

しっかり乗り越えていきましょう。

夢を目指して頑張るのは辛くて当たり前です。

辛いから諦めるのではなく、辛いからこそ「今自分は夢を目指している」という実感と感覚を持ちながら乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク